king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

読書

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術

わかるための道のりの第一歩は,わからない部分をいかにたくさん発見できるかにかかっています。わからない部分を 1 つひとつ潰していけば,やがて全体の理解へつながります。(p. 51) わからないことは,そのままにせずに,何かに書き出しておく。わからな…

結局,「すぐやる人」がすべてを手に入れる

大切なのは,「自分以外の力」を使うことです。いうならば「他力」です。 次の「6つの他力」があるということを覚えておきましょう。(p. 36) ヒト モノ カネ 知識・情報 スキル・ノウハウ その他 「自分以外の力」をうまく使って,効率的に仕事を進める。…

日本型リーダーはなぜ失敗するのか

「勇気」危険にたじろがぬ勇気。責任に対する勇気 「理性」判断力と決断力 「沈着」適切な処置を適時行える精神状態 「意志」損失,疲労,苦痛に耐え,それらをはね返して情熱と希望を燃え上がらせる精神力 「忍耐力」緊張と苦難に耐え得る耐力と精神力 「感…

簡単だけど,だれも教えてくれない 77 のテクニック 文章力の基本

もう少し具体的に考えてみますと,文章力は次の 7 つの要素から成り立っています。(p. 21) よいテーマを見つける「着想力」 テーマに関わるさまざまな事象に連想を広げる「連想力」 その中で書くべきことを峻別する「優先順位の判断力」 書くべきことを「…

疑獄 パククネの知られざる大罪

儒教社会は,「タテ型社会」である。家族や宗教(父系社会で同じ苗字が集団を形成する)が結束する社会である。欧米の市民社会のような,自由・平等・博愛といった普遍的な人権意識によってつながる「ヨコ型社会」ではない。価値観の共有が少ないので意見は…

リクルート事件・江副浩正の真実

政治献金なしには良い政治家が輩出しない。良い政治家が出てこなければ,良い国にすることは難しい。代議士は「この国を良くしたい」と思っているが,代議士の身分でいること自体にお金は必要なのである。そのような事情を知って,さらに私は献金やパーティ…

我が闘争

それは僕がいつも闘っていたということだ。 僕は目の前のままならないこと,納得できないこと,許せないことと闘い続けてきたのだ。(p. 10) ままならないこと,納得できないこと,許せないこと,それらとは闘わなければならない。 この経験から僕は一つの…

日本経済 このままでは預金封鎖になってしまう

「各国通貨のインフレやデフレを加味した実効レートで考えるならば,昔の円高時に比べて 3 割は円安」(p. 13) 実効レートは,日常生活の中であまり実感がわかない。 (消費税を)5 % 上げて 10 % にすると菅首相が言っただけで,2010 年夏の参院選では民主…

吉本隆明のメディアを疑え

わたしは戦後の新憲法のうち,ほんとうの意味で重要なのは第九条だけだと,十年以上前から主張し書いたりしてきた。その理由は,この第九条だけが世界中のどの「資本主義」国や「社会主義」国の憲法の軍事規定よりも圧倒的に優れているし,未来性をもってい…

『国防』第65代 防衛庁長官 石破 茂

ミリタリーを知らない政治家は国を統治し安全を守ることはできない(p. 15) ミリタリーは,政治家に必要な知識。 突然みんなが人類愛に目覚めて真の平和になれば結構なことですが,我々政治家はそんなことを言っているわけにいきません。それを願うのはもち…

電力と国家

「国家を電力に介入させず」(p. 24) 官と民の良いところを併せ持つ,それとも悪いところを併せ持つのが電力会社か。 「国有化されれば,自由な企業家精神は死ぬ」(p. 40) 自由な企業家精神が,今日の電力系統を形作ってきた。その自由な企業家精神は,今…

意思決定のための「分析の技術」

分析とは,「物事の実態・本質を正しく理解するための作業」の総称だと筆者は考えている。(p. 2) 物事の実態・本質を正しく理解するために「分析」をする。 分析の基本は,「大きさを考える」,「分けて考える」,「比較して考える」,「時系列を考える」…

the four GAFA ~Google Apple Facebook Amazon IT 四強の光と影~

我々は小売業の大きな転換点を目の当たりにしている。農業従事者の割合が 100 年で 50 パーセントから 4 パーセントに低下したのと同じ現象が,これからの 30 年の間に小売業で起こるだろう。(p. 60 - 61) ある分野で合理化が追及されれば,その分野に従事…

これから「正義」の話をしよう

こうした混乱の力と,その混乱の分析を迫る圧力を感じることが,哲学への衝動なのだ(p. 41) 私自身,答えの無い問いに立ち向かうため,哲学を必要とするときが来たのかもしれない。 正義に関する自分自身の見解を批判的に検討してはどうだろう―――そして自…

報道災害【原発編】

新聞よりもネットがライフラインになっていた。それにもかかわらず大手メディアはその発信を妨害しようとしてきたんです。はっきり言って,ライフラインを止める,情報源を止めるってことは殺人に加担していると言っても大げさではない(p. 35) 大手メディ…

「できる人」の聞き方&質問テクニック

「あなたの心の中は,この茶碗の中と同じで雑念と既成概念でいっぱいです。説明すると,すぐにはねつけてしまうから,禅という茶が入らないのです。本当に禅について知りたいのなら,心の中を空にしてください」(p. 40 - 41) 心を空っぽにして,聞きにいく…

一流の男,二流の男,必ず頭角を現す男の条件

もし,あなたが“妄想”できない人間なら,成功は諦めたほうがいい。想像力のない人間は知性がなく,知能が低いのである。(p. 72) 知能が低いというのは言い過ぎだが,夢を描くためには,それなりの教養が必要と思われる。 もし,たとえ好きな仕事ができなく…

なぜ,「できる人」は「できる人」を育てられないのか?

日本の社会は承認が上手とは言えない面があって,せっかくの達成感に冷や水を浴びせるようなケースもあります。しかし基本的には,達成の機会を多く得られる「できる人」は,それによって承認を得るチャンスも多く,成果として成長のスパイラルを描きやすい…

天才とは努力を続けられる人のことであり,それには方法論がある。

そもそも一度読んだだけで理解しようとすることが誤りです。反復・継続しなければ,人は学ぶことはできません。一を聞いて十を知る人は,私に言わせれば,その能力の高さゆえに異常な人に分類されます。十を聞いて一を知ることができれば,大したものじゃな…

天才の証明

私は,「あなたは変わらなくていい」と言いたい。あなたは今のままで,進む道やルールを変えてみることに知恵を尽くしてほしい。その努力を諦めないでほしい。(p. 5) 自分は自分のままで,自分が輝ける道へ進む。または,自分の輝きを消しているルールを変…

30 歳からの人生戦略

あなたが決断できない理由,それは他の選択肢を捨てる決断ができていないからです。決断するというのは,ひとつを選ぶ作業ではなく,捨てる作業なのです。(p. 38) 何かを犠牲にしなければ,何も得ることはできない。 現状の根本原因が自分自身にあると認め…

スローセックス実践入門――真実の愛を育むために

しかしながら,一般男性の多くは,AVが“AV女優たちが文字通りカラダを張った名演技と,巧みな編集によって造られた,偽りの世界である”ことに気づいていません。(p. 30) 編集される前はどのようなものなのか,AVの撮影現場を一度見てみたい。 男女の性を比…

組織力-宿す,紡ぐ,磨く,繋ぐ

「仕事を任せられる人」を得るのに抜け道などないのだ。仕事を共にする経験を持たせない限り,仕事を任せられるようにはならない。それには時間がかかる。とにかく時間がかかるのである。(p. 099) 色々な人と仕事を共にし,仕事を任せられる人を見つける。…

原発と地震

製造者が口を閉ざしたままでいられる二重構造は,維持されるべきなのか。この疑問に対し,メーカーOBからも「今のメーカーに説明を担う部門はなく,その能力はない。しかし,これから説明は大きな仕事となる」との声が出ている。(p. 183) 国,発注者である…

日本の大問題が面白いほど解ける本

役人を語るときには入省年次が重要で,これに注目する必要があります。いわゆるキャリアにとっては,どの省庁に何年に入ったかが役人人生のすべての土台になります。(p. 97) 大企業でも入社年次は注目される対象。 俗にいう「クロヨン」(964。サラリー…

仕事の8割は人に任せなさい!

その場しのぎのドタバタ仕事では, 時間・労力・精神的負担など目に見えるムダ 可能性を奪うムダ ムダを取り戻すために生まれるムダ 何重ものムダを発生させてしまうのです。(pp. 25-26) 負のスパイラルに突入する前に,ムダを無くしていく。 パレートの法…

経済ってそういうことだったのか会議

応能負担・・・能力に応じて払う(ex. 所得税) 応益負担・・・便益を受けに人が払う(ex. 消費税)(p. 88) 能力の高いだけで,払わされるのはどうか。便益を受けた人が払う消費税が平等に近いと個人的には思う。 一方に対しては,いくら働いても税金をと…

会社の電気はいちいち消すな

最善策は,安価な外注企業を使うのではなく,内部の社員を活用することだ(p. 27) 自前でやるのが一番安価。 まだ,これだけ IT によってホワイトカラーの仕事が効率化しているのに,どれだけオフィスの人員が減っているというのだろう。(p. 34) 余計な(…

信長の血脈

長幼の序は寺の鐘のように重い(p. 56) 信長の生年月日も,この理によって書き換えられたか。 心はかたちを求め,かたちは心をすすむる(p. 62) 信長に教えられたこと。「この禅の心こそ人を動かす極意」 その血や情のしがらみ一切を棄て去るという果断な…

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ,宇宙の謎に迫る

量子力学の著名な研究者の中には,「量子力学がわかっているなんて奴に会ったら,そいつは嘘をついている」というジョークを口にした人もいるほどです。(p. 171) 「量子力学がわかっている」なんて口が裂けても言わないようにしよう。 重力とは何か アイン…