Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

読書

コンサルティングとは何か

『コンサルティングとは何か』(堀 紘一,PHP 研究所,2011年6月27日)を読了。 現実社会で真に重要なのは,問題を解くことではなくて,何が問題なのか探り当てることである。(位置 No. 40) 解くべき問題はいっぱいあるように見えるが,真に解くべき問題を…

水力発電が日本を救う

『水力発電が日本を救う 今あるダムで年間2兆円超の電力を増やせる』(竹松 公太郎,東洋経済新報社,2016年9月1日)を読了。 日本の川は急流だし,海までの距離が短い。水源地のダムから予備放流された水は,ほとんどの場合,その日のうちに海に達する。(…

達人に学ぶDB設計徹底指南書

『達人に学ぶDB設計徹底指南書』(ミック*1,翔泳社,2012年3月15日)を読了。 近年のソフトウェア開発では,データ中心アプローチ(Data Oriented Approchi : DOA)という考え方が主流です。これは,文字通りシステムを作る際に,プログラムよりも前にデー…

マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本 生産性が劇的に高まる最強の仕事術

『マンガで身につくフレームワークの使い方がわかる本 生産性が劇的に高まる最強の仕事術』(永田 豊志,SB クリエイティブ,2017年3月24日)を読了。 私が考える仕事の生産性を高めるポイントは,次の三つです。(位置 No. 104) フレームワークを使いこな…

DIGITAL TRANSFORMATION JOURNEY

『DIGITAL TRANSFORMATION JOURNEY デジタルトランスフォーメーションジャーニー 組織のデジタル化から,分断を乗り越えて組織変革にたどりつくまで』(市谷 聡啓,翔泳社,2022年2月21日 初版 第1刷)を読了。 組織が環境や社会に適応するためには,これま…

クラウドでデータ活用!データ基盤の設計パターン

『クラウドでデータ活用!データ基盤の設計パターン』(川上 明久,小泉 篤史,大嶋 和幸,石川 大希,堀 義洋,角林 則和,日経クロステック,2020年7月28日)を読了。 カナダのトルドー首相の名言に次の言葉があります。 「今ほど変化のペースが速い時代は…

amazon のすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法

『amazon のすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』(佐藤 将之,東洋経済新報社,2020年10月1日)を読了。 アマゾンで開かれる会議には,次の 4 つの種類があります。(位置 No. 79) 決裁を仰いだり,物事を決めて合意を形成したりする「…

マッキンゼーが解き明かす生き残るためのDX

『マッキンゼーが解き明かす生き残るためのDX』(黒川 通彦,平山 智晴,松本 拓也,片山 博順,日経BP,2021年8月10日)を読了。 「マッキンゼーが考える DX(デジタル・トランスフォーメーション)の本質は,企業文化変革である」 企業文化変革とは,…

「後回し」にしない技術

『「後回し」にしない技術』(イ・ミンギュ,文響社)を読了。 平凡な人と成功した人の違いは,知識ではなく実践であり,成功した企業とそうでない企業の違いは,戦略ではなく実行力にある。個人であれ組織であれ,実行力こそが真の競争力なのだ。(位置 No.…

社会人10年目の壁を乗り越える仕事のコツ

『社会人10年目の壁を乗り越える仕事のコツ』(河野英太郎,ディスカヴァー・トゥエンティワン,2021年12月25日)を読了。 実際には謎の「定期異動」という習慣がいまだに残っている組織は,令和の時代にも存在しています。(位置 No. 525) 弊社にも「定期…

「ゴール仮説」から始める問題解決アプローチ

『「ゴール仮説」から始める問題解決アプローチ』(佐渡 誠,すばる舎,2018年10月23日)を読了。 限られたリソース(人や時間,もの,金,情報など)の中で,いかに生産性の高い働きを実現していくか。 過去に出会ったことのない問題や難題の解決が求められ…

外資系コンサルのリサーチ技法 事象を観察し本質を見抜くスキル

『外資系コンサルのリサーチ技法 事象を観察し本質を見抜くスキル』(アクセンチュア 製造・流通本部 一般消費財業界グループ,東洋経済新報社,2015年10月15日)を読了。 テクノロジーの非連続な進化により,あらゆるビジネスがデジタルな世界で行われる時…

天才 IT 大臣オードリー・タンが初めて明かす 問題解決の 4 ステップと 15 キーワード

『天才 IT 大臣オードリー・タンが初めて明かす 問題解決の 4 ステップと 15 キーワード』(オードリー・タン,文響社,2021年12月9日)を読了。 オードリーにとっての合理的な理解法や分析方法とは,彼女が早くからかかわっていたオープンソースの世界と同…

リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

『リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす』(エリック・リース,日経 BP 社,2012年6月1日)を読了。 リーン・スタートアップでは検証による学び(validated learning)を単位として進歩を計測する。科学的な学びを基準…

「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書

『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』(西岡 壱誠,東洋経済新報社,2018年6月14日)を読了。 東大生がみんなやっている読書術 東大生並みの読解力が身につく読書週間 東大生になれる読書テクニック 目標を高く持つというのはどんなことに…

「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考

『「考える技術」と「地頭力」がいっきに身につく 東大思考』(西岡壱誠,東洋経済新報社,2020年8月13日)を読了。 記憶力がいい人は,このように覚えるべき事項を身の回りのことと関連づけたり,その事項が誕生した理由を探ったりすることで,「丸暗記」を…

データサイエンティスト入門

『データサイエンティスト入門』(野村総合研究所データサイエンスラボ,日経 BP,2021年12月15日)を読了。 企業としては,研修制度や育成プログラムを整備するとともに,各企業が求めているデータサイエンティスト像を明確にし,周知することが必要になり…

AIに負けない子どもを育てる

『AIに負けない子どもを育てる』(新井紀子,東洋経済新報社,2019年9月19日)を読了。 加えて企業の中間管理職の方たち。「上からは生産性を上げろと言われるが,現場はメールや仕様書の誤読による予期しないトラブル続きで働き方改革どころじゃない。す…

球界消滅 本城 雅人

『球界消滅』(本城 雅人,文藝春秋,2015年2月20日)を読了。 政界や経済界の重鎮たちと親交があり,フィクサーとも呼ばれる京極は,頭脳明晰で,七十を超えてもまったく衰えを感じさせないパワフルな男である。人の話を聞くぐらいなら,自分の理論をぶちま…

Digital-Oriented 革命

『Digital-Oriented 革命 DX が進化した究極の姿を描く』(安部 慶喜,柳 剛洋,金弘 潤一郎,日経 BP マーケティング,2022年1月17日)を読了。 「時間・距離感覚」の変化時間や場所にとらわれない生活・働き方へ 「所有から利用」への加速技術・ノウハウ・…

RPAで成功する会社,失敗する会社

『RPAで成功する会社,失敗する会社』(大西亜希*1,クロスメディア・パブリッシング,令和3年7月1日)を読了。 RPA は,事業部門が主導して部分最適で導入することで効果を発揮していくものであり,基本的には現場ごとに必要な個別性の高い業務を自動化…

もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く

『もう「東大話法」にはだまされない 「立場主義」エリートの欺瞞を見抜く』(安冨歩,講談社,2012年11月1日)を読了。 孔子の時代に中国には衛という国がありました。そこに着いて弟子の子路が「もし衛の君主が先生に政治を任せたら,まず何をしますか」と…

サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい

『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門』(三戸政和,講談社,2018年5月1日)を読了。 まったくのゼロから事業を立ち上げ成功させる起業家を,私は「ゼロイチ企業家」と呼んでいます。そうした起業家は,「…

地域の課題を解決する クリエイティブディレクション術

『地域の課題を解決する クリエイティブディレクション術』(田中淳一,宣伝会議,2021年12月28日)を読了。 僕が考えるクリエイティブディレクターの役割とは,クリエイティブで経済課題や社会課題を解決する人のことだと考えています。(15 ページ) クリ…

自分のやりたいことを全部高速でかなえるメソッド 高速仕事術

『自分のやりたいことを全部高速でかなえるメソッド 高速仕事術』(上岡正明,アスコム,2021年2月1日)を読了。 つまり今,「それであなたは何ができるの?」が問われているのです。上司に指示されたことだけやったり,ふんぞり返って部下に指示だけするよ…

非クリエイターのためのクリエイティブ課題解決術

『非クリエイターのためのクリエイティブ課題解決術』(齋藤 太郎,東洋経済新報社,2022年2月10日)を読了。 課題の本質を見つけ出し,仮説を立て,解決策につなげていく。見たり聞いたり探ったり,考えたり想像したり生み出したり,動かしたり選んだり伝え…

確実に成果を出す「業務改革型 DX」の進め方

『確実に成果を出す「業務改革型 DX」の進め方』(水田 哲郎,福永 竜太,日経 BP)を読了。 DX を推進する体制には,デジタル技術に知見がある「デジタル人間」だけでなく,現場に強い興味を持ちコミュニケーション力の高い「アナログ人間」が必要(179 ペ…

刑事に向かない女 山邑 圭

『刑事に向かない女』(山邑 圭,角川文庫,平成31年1月24日発行)を読了。 限りなく孤独に見える女ほど,限りなく自由で我儘な生き物なのだ。(35 ページ) 限りなく自由で我儘な生き物だからこそ,限りなく孤独になる。 『メシのための仕事は楽なことが一…

ワルツを踊ろう 中山七里

『ワルツを踊ろう』(中山七里,幻冬舎,令和元年9月発行)を読了。 「刀は無闇に抜くものじゃない。普段は鞘に収めておくべきだ。そうは思わないかい?」 「それはそうですけど」 「普段は鞘に収めておいて,時々は手入れをする。刀を磨き上げ,自己鍛錬を…

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える

『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』(泉谷閑示,幻冬舎,平成29年1月発行)を読了。 人間は,生きることに「意味」が感じられないと,生きていけなくなってしまうという特異な性質を持つ,唯一の動物です。(2 ページ) 人間は,意味な…