Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代 アダム・グラント

2021年 月 日

『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』(アダム・グラント著,三笠書房)を読了。

天才児にとっては「よい成績をとろう」という意欲が足かせになっている。(p. 31)

「よい成績をとる」ということが,全てではない。

リスクを嫌い,アイデアの実現可能性に疑問をもっている人が起こした会社のほうが,存続する可能性が高い。(p. 42)

リスクを回避しながら,アイデアを実現していくことで,成功の確率を上げていく。

オリジナリティを阻む最大の障害はアイデアの「創出」ではない――アイデアの「選定」なのだ。(p. 61)

イデアを選ぶとき,無難な選択になってしまわないように気をつける。

しかし,受け手の好みを知ったあとでさえ,心理学でいわれるところの「確証バイアス」――自分のアイデアの長所ばかりに目を向けすぎて,限界や欠点に関しては無視したり過小評価したりしてしまう――に陥りやすい。(p. 66)

自分のアイデアは,大事にしてしまいがち。確証バイアスされていないか,冷静に見つめ直してみる。

直観は,自分の経験が豊富にある分野においてのみ正しい(p. 92)

直観は,経験が豊富になければ働かない。

今や直観は,新しいものごとに対処するヒントとして頼れなくなっており,だからこそ「分析」がより重要になってきている。(p. 97)

新しいものごとにチャレンジするときは,直感ではなく,分析から得た事実をヒントにする。

リスクを恐れず行動する人は,とにかくいちばんになることにとらわれており,衝撃的な決断をしがちだ。(p. 175)

衝撃的な決断は,歪みを生み出すということを忘れない。

戦略コンサルタントのサイモン・シネックは,こう主張する。「人に影響を与えて動かしたいなら,まずは "なぜ" を自身に問うべきだ。アイデアの背景にあるビジョンや製品を紹介する目的を伝えられれば,人は群がってくる」(p. 202)

「なぜ(Why)」をしっかり伝えなければ,人はついてこない。

自分のアイデアを聴衆受けするものに「構成し直す」必要がある。(p. 228)

イデアを聴衆に共感してもらうための労力は惜しまない。

「解決策に焦点をあてすぎる文化は,"弁護の文化" に偏ってしまい,探求心を削いでしまう」(組織心理学者デビッド・ホフマン,pp. 306 - 307)

探求する気持ちを忘れない。

世界を「創造する者」は,自主的に考える人であり,「好奇心が強い」「まわりに同調しない」「反抗的」という三つの特質があるという。(p. 322)

世界を「創造する者」になるため,自主的に考えることをやめない。

心理学者のジュリー・ノレムは,こういった困難に対応するための二つの戦略を研究している。

「戦略的楽観主義」と「防衛的悲観主義」だ。

「戦略的楽観主義」とは,最高の結果を予測し,冷静を保ち,目標を高く設定することだ。

「防衛的悲観主義」とは,最悪の結果を想定し,不安を感じながら,起こりうるあらゆる悪い事態を予測しておくことだ。(p. 326)

「戦略的楽観主義」と「防衛的悲観主義」の 2 つを心に同居させる。

DX 時代を勝ち抜く戦略マネジメント 中村 正史

2021年4月9日

『DX 時代を勝ち抜く戦略マネジメント』(中村 正史)を読了。

企業の経営において,DX は,デジタル技術を使って製品やサービスを創造したり,経営のやり方を大きく変革したりして,競争の優位性を確立することです。

デジタル技術の活用が遅れている日本企業においては,レガシーシステムや硬直化した組織改革,経営意識改革といったマイナス要素を克服する活動を含めて DX と呼ばれています。(位置 No. 138)

DX の本質は,X (変革)である。

まず,やるべきことは,トップマネジメントが,DX により自社をどうしたいのかを社員に示し,DX を必ず実現すると社員に対して決意表明することです。そして DX へのビジョンを語ると共に,現状に対する危機感を表し,社員との結束を図ることが重要です。(位置 No. 495)

 DX の一丁目一番地は,DX へのビジョンを語り,現状に対する危機感を表すこと。

 

カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方 唐澤 俊輔

2021年4月7日

『カルチャーモデル 最高の組織文化のつくり方』(唐澤 俊輔,ディスカヴァー・トゥエンティワン,2020年8月30日)を読了。

言い換えれば,「社員が期待する環境と,会社が提供する環境のギャップがない(少ない)会社」を「いい会社」だと定義することができます。(位置 No. 32)

私が勤めている会社は,「いい会社」と言える。

けれども Z 世代(1996~2012年生まれ)と呼ばれる若い世代は「自分らしさ」「個人」を尊重することが当たり前になっています。かなりのコストをかけて新卒採用を行っても,「自社のカルチャーに染める」までもなく 1,2 年で退職してしまう若手社員も多く,そもそも「会社のカルチャーに染められる」ことに対する拒否反応もあります。(位置 No. 411)

私が勤めている会社は,社員をカルチャーに染めようとしているが,ほどほどにしておいた方がよさそうだ。

メルカリではミッションを「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」として,それを実現するために「Go Bold(大胆にやろう)」「All for One(全ては成功のために)」「Be Pro(プロフェッショナルであれ)」の 3 つのバリューを掲げています。(位置 No. 449)

ミッションとバリューは,シンプルな方がいい。

  • Be! CUSTOMER(まずはお客様になって考えよう!)
  • Go! GEMBA(まずは現場に行こう!)
  • Work! TOGETHER(まずはチームで取り組もう!)
  • Act! FIRST(まずは発言・行動しよう!)(位置 No. 500)

 上記の 4 つは,私も実践したい。

カルチャーを言語化せず,意図しない結果として出来上がったカルチャーが,組織を腐らせる可能性があるからです。(位置 No. 557)

カルチャーは,しっかりと言語化しなければ,組織で共有できない。

制度やルールには考える余地がありません。「これはこう決まっているから」と思考停止し,それを守ることが目的となってしまいます。(位置 No. 1003)

制度やルールには,考える余地を残しておく。

それでもなお,自社にとってどんなカルチャーがふさわしいのか。そしてそのカルチャーはどういったものなのか,言語化する試みそのものに意味があります。経営者や経営陣,あるいは人事担当者がそれを試みることで,そのプロセスを通して社員に共通認識が生まれ,組織として意思決定が強固なものとなるからです。(位置 No. 1025)

カルチャーを言語化するプロセスを体験しているが,その過程は充実したものだった。

事業と組織が急速に成長し,メンバーの多様性も広がるなか,暗黙知として共有されてきたカルチャーをより明確に可視化し,言語化することで形式知としてより多くの社員と共有することの必要性が高まっていました。(位置 No. 1912)

暗黙知を明確に可視化し,言語化することで形式知として共有できる。暗黙知形式知に変えていく仕事は,しっかりと取り組みたい。

頻繁にあがる質問に対する答えを用意し,FAQ 形式でナレッジを共有することも,言語化しきれていないカルチャーを可視化する良い方法です。(位置 No. 2621)

負担を増やすことなく,ナレッジを共有する方法を模索したい。

同じオフィスで過ごすだけで,ただ何となく共有してきた暗黙知としてのカルチャーを全社員に同じ温度感で伝え,浸透させていくことが難しくなるからです。(位置 No. 3013)

同じオフィスで過ごすことを前提しないために,暗黙知形式知にしていく必要がある。

<危機>の正体 佐藤 優・富岡 幸一郎

2021年4月5日

『<危機>の正体』(佐藤 優・富岡 幸一郎,講談社,2019年11月1日)を読了。

ねじまき鳥がねじを巻かないと,世界が動かないんだ。でも誰もそんなことは知らない。世の中の人々はみんなもっと立派で複雑で巨大な装置がしっかりと世界を動かしていると思っている。(村上 春樹『ねじまきクロニクル*1』,位置 No. 328)

世の中を動かしているのは,ねじまき鳥がねじを巻いているから,と考えると,明日も頑張ろうという気になれる。

一方,ねじまき鳥がねじを巻かなくても世の中は動いている,と考えると,明日は頑張れない。

ヴェーバー*2 は,資本主義が拝金主義と化した果てに現れるものを,「末人*3」と呼びました。末人とは何かというと,「「精神のない専門人,心情のない享楽人。この無のものは,人間性のかつて達したことのない段階にまですでに登りつめた,と自惚れるだろう」と」。(位置 No. 879)

お金のためではなく,意義のために生きる。

〈危機〉の正体

〈危機〉の正体

 

*1:村上 春樹の 8 作目の長編小説。

*2:マックス・ヴェーバー

*3:まつじん。フリードリヒ・ニーチェによる哲学によって用いられている概念。『ツァラトゥストラはこう語った』で述べられ,超人の対極にあり,最低の軽蔑すべき者とのこと。

出会いがない男の恋愛婚活の教科書 婚活に繋がる本命彼女の作り方 根本 直潔

2021年4月2日

『出会いがない男の恋愛婚活の教科書 婚活に繋がる本命彼女の作り方』(根本 直潔,ごきげんビジネス事務局)を読了。

「なかなか結果に結びつかない」と悩む男性を観察すると,「脈あり」「脈なし」の見極めができていないケースが本当に多いです。本気度の高い女性との出会いをいかに増やすかで,結果に大きな違いが生まれます。この考え方は,いかなる出会い方においても重要です。(位置 No. 330)

「脈あり」「脈なし」を見極めるには,どうしたらよいのか。

髪型は顔の多くを占め,相手に与える印象は大きいです。ヘアカタログを見ても,どれが自分にあう髪型なのか,迷ったことはありませんか。そんなときは何も考えずに美容院に行き,「清潔感があって女性受けする髪型」とオーダーしましょう。相手はプロです。年齢や雰囲気,トレンドを踏まえてカットしてくれます。慣れていない段階は,プロにすべて任せることが,最短でオシャレになるコツです。(位置 No. 573)

近々,美容院へ行き,「清潔感があって女性受けする髪型」とオーダーしてみよう。

これから大切になってくるのは「テクノロジーとうまく付き合う」意識です。(位置 No. 1490)

恋愛婚活を行うためにも,テクノロジーとうまく付き合う意識が必要。
というよりも,テクノロジーをうまく恋愛婚活に活用する。

仕事が速いのにミスしない人は,何をしているのか? 飯野 謙次

2021年3月31日

『仕事が速いのにミスしない人は,何をしているのか?』(飯野 謙次,文響社,2017年2月7日)を読了。

人間が絶え間ない高度の注意力を必要とするものがあれば,それは「作業そのものが成熟していない。作業そのものに設計ミスがある」というのが私の考えです。(位置 No. 354)

高度な注意力を必要としないように,作業を分解していく。

システムそのものを変えて,「ミスが起こらないしくみ」に切り替えていく(位置 No. 379)

ミスを咎めるのではなく,ミスが起こらないシステムにするためにはどうすればよいかを考える。

見る人を変える。見方を変える。見た目を変える。

――ダブルチェックの 3 原則(位置 No. 541)

効果的なチェックができるような手段をとる。

実は,この「知らないこと」にどう対処するかが,仕事におけるスピードアップとミスの削減に,大いに関連しています。いわゆる「できる人」ほど,わからない言葉や概念に出合ったときには自分で調べる,ということをしているのです。(位置 No. 1129)

わからない言葉や概念は,放置せずに調べて,わかるようにしておく。

仕事を上手に組み立てるために,仕事を割り振られる立場にある人こそ,日頃から「自分の工数」を数えるようにしましょう。

それは,仕事を依頼された時点で,その仕事にどれだけの時間がかかりそうかを何となく考えておく,ということです。(位置 No. 1182)

自分の工数を数えるため,スケジューラーに作業実績を入力するようにした。計画通りに仕事は進まないことも見えるようになってきた。

言葉だけで交わされている物事を,あえて図や絵,文字にする。それだけで,食い違いの可能性は激減します。(位置 No. 1342)

お互いの誤解がないように,当たり前だと思うこともビジュアルで共有する。ビジュアル化するのは手間かもしれないが,ビジュアル化しておく方が仕事の進みは速い。

目標を達成するための要件がきちんと言語化され,一つひとつ達成していくうちに,どんな大きな課題でも乗り越えていけるでしょう。

言語化することで,他者との分担もしやすくなりますので,業務の偏りを防ぎ,チームで協力して結果を出していくことにもつながります。(位置 No. 1381)

自分の業務をしっかりと言語化して,工数を見積もっておく。お互いの繁閑が見えるようになれば,業務の偏りを防ぐことができる。

仕事で起こる失敗というのは,「注意不足」「伝達不良」「計画不良」「学習不足」に分析でき,この 4 つの原因を取り除けば,個人の失敗に関しては恐れる必要がなくなる(位置 No. 1861)

仕事で起こる失敗を減らすため,注意,伝達,計画,学習はしっかり行う。

本当は,私たちは皆,創造性をもって生まれてきているのです。

(中略)

失敗に対して原因を追究し,対策を立てていくことは,そのまま自分の「創造性」を高めることにもつながります。(位置 No. 2267)

失敗(すなわち問題や課題)に対して原因を追究し,対策を立てていくことが,創造である。

 

人は話し方が 9 割 永松 茂久

2021年3月29日

『人は話し方が 9 割』(永松 茂久,すばる舎,2019年9月14日)を読了。

ジョブズが言っているのは,

「相手を観察し,相手が本当に求めているのは何かを真剣に探そう。そうすれば必ずうまくいく」

ということなのです。人間の欲求に対する飽くなき興味,それが今のアップル社の繁栄を築いたのです。(位置 No. 366)

人間は何を求めているのかを追求すれば,アップル社のようになれるかもしれない。

激アツすぎる人間に対して人は引いてしまう。人は楽しそうに語る人のところにやってくる。→まずは自分がワクワクしよう!(位置 No. 723)

フォロワーシップを得るため,自分がやっていることを,楽しく語ろう。

「がんばれ」が効果的になる 3 つの使い方(位置 No. 1191)

  1. がんばりすぎている人には……「ちょっと力を抜こうよ」
  2. がんばっていない人には……がんばりたくなるように
  3. がんばりたくてがんばっている人には……未来を語る

「がんばれ」という言葉一つでも,相手によって使い分ける。

人は話し方が9割

人は話し方が9割