Masassiah Blog

読書,商品紹介,大相撲,DIY など

機械学習ソフトウェアの概要

 データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編で取り上げられている機械学習ソフトウェアの概要。

R

R は,1992 年にニュージーランドオークランド大学の Ross Ihaka 氏と Robert Clifford Gentleman 氏により開発された統計解析言語。

データ解析の代表的なソフトウェア。

基本的にオンメモリ処理なので大規模なデータを扱うのは難しい。

Python

Python は,1991 年にオランダの Guido van Rossum 氏により開発された汎用的なスクリプト言語

Numpy,Scipy,scikit-learn,Pandas などのパッケージの開発が進み,データ解析分野でも注目が集まっている。

Julia

Julia は,マサチューセッツ工科大学(MIT)のJeff Bezanson 氏を中心として開発され,2012 年に公開された科学計算のための新たな言語。

また発展途上だが,今後の開発が期待される。

Apache Mahout

Apache HadoopApache Spark 上で動作する機械学習ライブラリであり,大規模並列分散処理の草分け的存在。

Spark MLlib

Apache Spark 上で動作する機械学習ライブラリ。

Spark とともに,今後の進展が期待される。

 

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編 (Software Design plus)

 

 

金田正一氏の偉大なる記録をグラフ化

プロ野球で通算 400 勝を挙げた金田 正一氏が,2019年10月6日に亡くなった。

上記のように,日本プロ野球界に燦然と輝く記録を残した金田 正一氏の記録をグラフ化してみた。

f:id:king-masashi:20191006212710p:plain

年度別の勝利,敗戦

1951 年度から 1964 年度まで,20 勝以上挙げているのは,圧巻である。

ちなみに,1964 年度までは国鉄スワローズ,1965 年度からは読売ジャイアンツでプレーしている。

読売ジャイアンツに移籍した後,わずか 47 勝しか挙げていないのは意外である。

f:id:king-masashi:20191006212924p:plain

年度別の奪三振

20 勝以上挙げていた時期(1951 年度 ~ 1964 年度)の奪三振は 200 を大きく超え,非常に高いレベルである。

読売ジャイアンツに移籍以降,奪三振数についても勝利数と同様に激減している。

f:id:king-masashi:20191006213057p:plain

通算勝利,敗戦

金田 正一氏が 26 歳のとき,すでに 200 勝を達成しており,通算 200 勝すらも難しいと言われる今日においては,信じがたいペースである。

なお,参考のため日本プロ野球における通算勝利数の上位は以下の通り。

  1. 金田正一 400 勝
  2. 米田哲也 350 勝
  3. 小山正明 320 勝
  4. 鈴木啓示 317 勝
  5. 別所穀彦 310 勝

金田 正一氏は,32 歳時点で通算 353 勝。

読売ジャイアンツに移籍するとき,既に日本プロ野球史上最多の勝利数を挙げていた。

f:id:king-masashi:20191006213225p:plain

通算奪三振

通算勝利と同じように,とてつもないスピードで通算奪三振数を伸ばしている。

通算奪三振についても,日本プロ野球における上位を示す。

  1. 金田正一 4,490
  2. 米田哲也 3,388
  3. 小山正明 3,159
  4. 鈴木啓示 3,061
  5. 江夏豊 2,987

通算奪三振は,歴代 2 位の小山 哲也氏の記録より,1,000 以上多い。

ただし,メジャーリーグMLB)において,ノーラン・ライアンランディ・ジョンソンロジャー・クレメンスは,金田 正一氏の記録を上回っているようである。

  1. ノーラン・ライアン 5,714
  2. ランディ・ジョンソン 4,875
  3. ロジャー・クレメンス 4,672
プロ野球 最強のエースは誰か?

プロ野球 最強のエースは誰か?

 
レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙

レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙

 
プロ野球史上最高の選手は誰だ? (宝島社新書)

プロ野球史上最高の選手は誰だ? (宝島社新書)

 

 

経済古典は役に立つ

歴史は直線的に発展するのではない。何か一つの支配的なテーゼができると,それに対するアンチテーゼが生まれ,双方が争い合って総合的なテーゼ(ジンテーゼ)になる。しかし,それが支配的になると再びアンチテーゼが現れることになる。そういう弁証法的な発展が歴史の避けられない道なのであって,その基礎にあるのが経済=物質的なものであるという考え方が「弁証法唯物論」である。

 テーゼとアンチテーゼの争いは,繰り返される。

現実には,マルサスリカード,あるいはマルクスが想定したように,子どもの数を増やしていくのではなく,豊かになればなるほど子どもの数を減らしていったのである。これは,まさにいま日本で起こっていることであり,国民の所得が増えるとともに子どもの数は減少したのである。都道府県別に見ても,全国平均で見て所得がいちばん低い沖縄県で最も出生率が高く,所得が最も高い東京都で出生率が低い。

 豊かになればなるほど,子どもの数は減っていくのは,実証されつつある。

新しい世代が縮小していく世の中では,豊かになり続けることはできず,いつの日か衰退へと向かっていくのではないか。

市場は失敗することがありうるが,政府も失敗する。市場の失敗は,たかだか不景気やインフレをもたらすだけだが,政府の失敗(すなわち社会主義全体主義)ははるかに大きな犠牲を強いることになる――こうした主張が展開されているのである。

ひとたび社会主義全体主義となると,それから抜け出すのにどれだけの時間を要することか。

現在,グローバル化による格差問題やリーマン・ショック等々による不況,金融市場の暴走などが高い関心を集めている。このように,何か困ったことが起きると,一部の人々はすぐに政府の出番を求める。しかし,そういう今だからこそ,一種の懐疑主義をもって立ち止まり,「全能の人など存在しえない。だから政府に大きな権限を与えてしまうことは危うい」と考える必要があるのかもしれない。ハイエク個人主義,反全体主義自由主義の思想は,今日の問題解決に多くの示唆を与えている。

 経済を大局的に見つつ,ミクロでも見ることのできる全能の人などいない。誰もが納得できる経済政策自体,あり得ないのではないか。

経済古典は役に立つ (光文社新書)

経済古典は役に立つ (光文社新書)

 

 

 

ジレット 5枚刃 フュージョン 替刃10個 男性カミソリ 髭剃り ヒゲソリ

Amazon 限定で販売しているジレット 5枚刃 フュージョン 替刃 10 個を購入。

定期便にするほど消耗しないので,在庫がなくなったときに手動購入。

参考写真

ジレット 5枚刃 フュージョン 替刃 10 個の梱包写真と中身を示す。

パッケージ(梱包)は,いたってシンプル。

f:id:king-masashi:20190909203837j:plain

梱包写真

f:id:king-masashi:20190909203903j:plain

中身

 

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

長期投資の神様ウォーレン・バフェットは,ある金融商品に投資するときは,その商品について論文が書けるくらい勉強してから買うべきだといっていますが,ビットコインの場合はテクノロジーや規制の動向が価格形成に大きく影響するので,そのあたりはしっかり見ておいたほうがいいと思います。(p. 77)

 ワンクリックで,金融商品に投資できてしまうため,私自身,商品に対する理解不足のまま投資している。投資対象に対する理解がなければ,それは投資ではなく,マネーゲームやギャンブルである。

テクノロジーを使って人間の面倒な仕事を自動化すれば,誰もが早く,安く,質のいいサービスを受けられるようになります。フィンテックがいま注目を集めているのは,それが大きな理由の一つです。(p. 83)

面倒な仕事に費やす時間を減らせば,相当な時間が創出できるはず。

デジタルの世界は「勝者総取り(Winner takes all.)」の法則が働いて,シェアトップのサービスしか生き残れないとされてきましたが,ブロックチェーンについては用途別の仮想通貨が横並びに普及して,全体をつなぐのがビットコインという感じになるかもしれません。日本円や人民元,ユーロに対して基軸通貨ドルがあるように,ビットコイン基軸通貨のような役割を果たしていくのではないかと考えています。(p. 200)

ある仮想通貨が,世界のスタンダードとなった世界を想像する。

それはリブラか。

不動産をはじめとした「アセット(資産)」を管理するためのプラットフォームがイーサリアムと考えると,その裾野は大きく広がります。株式や債券などの有価証券はもとより,相続や譲渡,納税などの手続き自体も自動化できる可能性があります。(pp. 204 - 205)

住民台帳,土地の登記簿,年金台帳など,非効率に管理されているものをうまく管理できるようにならないか。

理系の人間にとって「枯れた技術」というのはマイナスイメージの言葉ではなく,失敗と改善を何度も繰り返し,バージョンアップに次ぐバージョンアップを経て,ある程度成熟した技術を指します。(p. 215)

「枯れた技術」は,安定な技術。

フィンテックは,IT の進化をさまざまな金融サービス分野に適用することで,ムダをできるだけなくし,スピーディーに問題解決しようというもので,ユーザーは使いやすいサービスを安く利用できるようになります。(p. 227)

金融サービスも,これから大きく変わっていく。

また,フィンテックの背景には,人間の判断によって恣意的に運用されるよりも,アルゴリズムによって一定のルールで運用されるほうが信用できるという「テクノロジー至上主義」ともいうべき思想があるようです。ミスを犯すのも,悪さをするのも人間だから,人間を排除したシステムのほうが信用できるというのは,特定の国や企業による管理を嫌がるブロックチェーンとも共通した価値観です。(pp. 230 - 231)

コンピュータの強みは,一定のルールに従ってミスなく,しかもものすごい速度で処理できること。コンピュータに任せられることは,コンピュータに任せてしまう。

SWIFT に代表される既存の銀行間送金システムは,もう耐用年数をとっくに過ぎたレガシーシステムで,現代のダイナミックでスピーディーな経済活動の足かせになっているのは間違いありません。(p. 247)

 現状の送金システムを抜本的に変えることができれば,金の動きが大きく変わるかもしれない。

 

なぜドイツは脱原発,世界は増原発なのか,迷走する日本の原発の謎

日本共産党の吉井英勝議員が,4月27日の衆院経済産業委員会で,東電が示した資料に目を通していて,「夜の森線」という受電鉄塔一基が倒壊して全電源喪失炉心溶融に至ったのに注目し,「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ,電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘したからです。(p. 72)

 上記の鉄塔が倒壊していなかったとしても,原子力発電所の所内電源を供給するキュービクルが海水の及ぶ場所にあったならば,電源の供給はできなかったのではないか。

ここで,菅首相を擁護するわけではありませんが,菅首相とすれば,

「長い間,与党だった自民党にべったりの東電が,民主党,しかも市民運動なりあがりの自分に協力するはずがない。なら今回,東電を首相という権力で徹底的に苛めてやろう」

そのために,「当面,震災復興対策や原発事故解決策が遅々として進まない責任を,『東京電力』に押しつけ,全て『東電が悪いこと』にして,逃げ切る。あとは『野となれ山となれ』とシラを切り通そう」と思ったとしても決して不思議でもなんでもありません。(pp. 77 - 78)

いくら首相とは言え,一個人のしがらみだけで,こんなことになっているとは思えない。

ドイツでは,19 世紀の半ば頃から急速に国民教育の充実に着手し始めました。

その原点にあるのは,徹底した実力英才教育至上主義です。言うなれば,天才教育に力を入れたのです。頭脳優秀なる者は飛び級を,そうでない者には落第なり,コースを変え別の道を歩ませます。(p. 168)

とてつもない天才が現れなければ,この世は変わらない。日本では,足並みを揃えることばかりにとらわれてしまっているのではないか。

原子力エネルギーも,そのありがたさを知ってしまうと,「核の恐怖,人類を始め全ての生物にとって,最終的には,絶滅の恐れをもたらすことがある」と認識していても,このエネルギーの魅力には勝てません。(p. 212)

電力会社が原子力発電所を稼働することができれば,一日にして億単位の利益が得られることを知れば,原子力発電所を是が非でも稼働させたいということがわかる。

なぜドイツは脱原発、世界は増原発なのか。迷走する日本の原発の

なぜドイツは脱原発、世界は増原発なのか。迷走する日本の原発の

 

 

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣

高い目標を立てて失敗して挫折感を味わうより,少し頑張れば達成できる目標を立てるのです。(p. 8)

手の届く目標だから,頑張れる。

あれこれ理由を考えて自分の行動を止めてしまうより,とにかく実行するほうが成果を出せます。(p. 32)

 実行しなければ,成果は生まれない。

行動目標の設定はいわば「自分との約束」です。やったか,やらなかったか。それだけが問われます。言い訳は通用しません。(p. 50)

 約束は守るもの。

人は 21 日間(3 週間)同じ行動を続けると,習慣化する確率が高まると言われています。目標を達成するためにも,長続きしない 120 % の努力で息切れするよりも,50 % の努力で実現できることを続けたほうが,確実に習慣化するのです。(p. 55)

運動を習慣化させたい。

もちろんその時にもイメージの力は必要です。夢を目標に変えるのは,やはりどうしたら達成できるのかというイメージの具体性です。(p. 58)

 イメージができないと夢のまま。

つまり,目標を達成できない人は目的がないまま行動しているため,最後まで行きつかないのです。人は目標では動機づけされず,目的のみに動機づけされます。人は,行動するには必ず理由が必要なのです。(p. 66)

 目的を明確にしておけば,目標に向かっていける。

自分に「なぜ?」と質問を投げかけられないと,自分が至らない理由や問題点を探しても見つけられません。問題点がわからなければ,改善策も見つからないでしょう。(p. 80)

 「なぜ?なぜ?」を繰り返すことで,改善策を見つけ出す。

突破力のある人は,何もごり押しの力が強いというわけではありません。

一番大事なのは「本質」を見極めるということです。人が関わる案件ならば,すべてこちらの希望通りにごり押ししようとすると,修復ができないほどこじれることもあります。

「落としどころ」を見つけるのも 1 つの手です。あなたの要求の中で「これは譲れない」というものがあるように,相手にも同じものが存在します。(p. 93)

 「落としどころ」はどこか,妥協案を持っておく。

目標を達成するために,不必要なものは切り捨て,必要なものだけを残して物事を進めるという方法

とにかく面倒くさいこと,苦手なことはできる人にやってもらう,自分でなくてもできることは,どんどんまわりの人にやってもらうという方法(p. 134)

 不必要なものは切り捨てていく。

人が集まる人になるには,自分から情報を発信するのが大前提です。(p. 160)

 情報発信しなければ,人は集まらない。

目標達成の一番の障害は,自分を甘やかすことです。(p. 191)

 自分を甘やかさない。

「見極め」は勇気ある撤退です。それに対して,「あきらめ」は勇気なき逃走です。昔から戦いの場面では撤退が一番難しいと言われています。(p. 213)

 「見極め」と「あきらめ」は違う。あきらめることがないようにする。

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣 (アスカビジネス)

目標を「達成する人」と「達成しない人」の習慣 (アスカビジネス)