Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

将棋

僕たちはもう働かなくていい 堀江 貴文

2020年12月14日 『僕たちはもう働かなくていい』(堀江 貴文,小学館,2019年2月5日)を読了。 世界の 3 大発明は「羅針盤」「火薬」「印刷技術」と言われるが,なぞらえて現在の ”世界 3 大発明” が,新たに提唱されている。 「AI(人工知能)」「IoT」「ビ…

羽生善治 闘う頭脳

空前絶後の七冠を達成した日本屈指の天才が明かす,その思考のすべて。『羽生善治 闘う頭脳』(羽生 善治,文春文庫,2016年3月10日発行)を読了。 羽生善治の思考力 羽生善治の勝負力 七冠プレイバック 1995 - 1996 羽生善治の発想力 羽生善治の人間力 羽生…

ルポ 電王戦 人間 vs.コンピュータの真実 松本 博文

2020年6月12日更新 『ルポ 電王戦 人間 vs.コンピュータの真実』(松本 博文,NHK出版新書,2014年6月10日発行)を読了。 誰がこのゲームを作ったのか。その名は現代には伝わっていない。「神が作ったゲーム」とは将棋好きがよく口にする言葉ではあるが,な…

適応力 羽生 善治

2020年5月1日更新 『適応力』(羽生 善治,扶桑社,2015年8月10日発行)を読了。 それは梅原猛著『将たる所以』(1994年,光文社刊。残念ながら現在は流通をしていません)で,この中でリーダーとなる必要な条件について次のように書かれています。(pp. 59 …

集中力 谷川 浩司

2020年3月25日更新 『集中力』(谷川 浩司*1,角川oneテーマ21,2000年12月1日発行)を読了。 羽生さんは,あらゆる戦法を指しこなせる棋士の一人だ。棋風のない,オールラウンドプレイヤーで変幻自在のため,どう指してくるのかがわからない。序盤,中盤,…

結果を出し続けるために 羽生善治

『結果を出し続けるために』(羽生善治,日本実業出版社,2010年12月1日)を読了。 第一章 努力を結果に結びつけるために 第二章 ツキと運にとらわれずに,最善を選択する 第三章 120 % の能力を出し切る,プレッシャーとの付き合い方 第四章 結果を出し続け…

構想力 谷川浩司

2020年1月5日更新 『構想力』(谷川浩司,角川oneテーマ21,2007年10月10日発行)を読了。 何かものごとを成し遂げようとしたとき,どうすれば最終的な目標に最短でたどりつくことができるか,置かれた状況やさまざまな条件を考慮しながら,そのための方法と…

直感力

『直感力』(羽生善治,PHP新書,2012年11月1日 第1版 第1刷)を読了。 はじめに――直感はどのように活かすか 第一章 直感は,磨くことができる 第二章 無理をしない 第三章 囚われない 第四章 力を借りる 第五章 直感と情報 第六章 あきらめること,あきらめ…

大局観――自分と闘って負けない心

『大局観――自分と闘って負けない心』(羽生善治将棋棋士,角川oneテーマ21,2011年4月20日 4版)を読了。 将棋界には,「反省はするが,後悔はしない」という言葉がある。(p. 22) 反省して終わりにする。 スマートではないかもしれないが,もがき続けて習…

決断力 羽生善治

『決断力』(羽生 善治*1将棋棋士,角川oneテーマ21,2005年7月10日 初版)を読了。 はじめに 第一章 勝機は誰にもある 第二章 直感の七割は正しい 第三章 勝負に生かす「集中力」 第四章 「選ぶ」情報,「捨てる」情報 第五章 才能とは,継続できる情熱であ…

羽生善治論――「天才」とは何か

2019年12月14日更新 『羽生善治論――「天才」とは何か』(加藤一二三*1著,角川 one テーマ 21,2013年4月10日 初版)を読了。 はじめに なぜいま,「羽生善治論」なのか 第一章 羽生は天才か 第二章 名人への道 第三章 異次元の強さの秘密 第四章 羽生に弱点…

勝負哲学

2019年12月2日更新 サンマーク出版『勝負哲学』(岡田武史,羽生善治著,2011年10月5日初版)を読了。 1章 勝負勘を研ぎ澄ます 2章 何が勝者と敗者を分けるのか 3章 理想の勝利を追い求めて 岡田 答えを模索しながら思考やイメージをどんどん突き詰めてい…

羽生善治 闘う頭脳

将棋の全容を少しでも解明したい 将棋の全容とはいかなるものなのだろうか。羽生先生は,その輪郭ぐらいは捉えているのだろうか。 これから先は,いかにコンピュータソフトをうまく使いこなすかが,棋士にとって大きな資質の一つとなることは間違いないでし…

第87期棋聖戦五番勝負 第5局の評価値

第87期棋聖戦五番勝負 第5局(▲永瀬拓矢六段,△羽生善治棋聖)の評価値を技巧とApreyで解析してみました。 いずれも解析結果では後手が優位に進めております。また,いずれのソフトでも95手目▲同銀は疑問手と判定しておりました。 結果として,後手の羽生棋…

第57期王位戦七番勝負第2局の評価値

2016年7月27・28日に行われた第57期王位戦七番勝負第2局(先手:木村一基八段,後手:羽生善治王位)の評価値を将棋ソフトで解析してみました。 解析に用いた将棋ソフトは, Aprey 技巧 の2種類です。それぞれ現時点での最新版を用いております。また,それ…