Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

amazon のすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法

amazonすごい会議 ジェフ・ベゾスが生んだマネジメントの技法』(佐藤 将之,東洋経済新報社,2020年10月1日)を読了。

アマゾンで開かれる会議には,次の 4 つの種類があります。(位置 No. 79)

決裁を仰いだり,物事を決めて合意を形成したりする「意志決定会議」

新しい施策やサービス,ビジネスなどを考え出す「アイデア出し会議」

みんなが知るべき情報を報告したり共有したりする「情報伝達会議」

決定事項の実施状況を追跡・確認する「進捗管理会議」

私が身近な会議では,「意思決定会議」「情報伝達会議」「進捗管理会議」は多いが,「アイデア出し会議」は少ない。

良い会議資料とは,次の条件を満たす資料です。(位置 No. 543)

  • 会議の趣旨,目的が明確である
  • 少ない労力,少ない時間で読むことができる
  • いつ誰が読んでも確実に伝わる

作成した会議資料が,上記の条件を満たしているか確認しよう。

冷静さを保つための 1 つの方法として,英語では「バルコニーから見下ろせ」という言い方があり,アマゾンの会議でもよく言われます。ダンスホールでみんなと一緒に踊っていると,冷静に全体を見渡すことができなくなります。だから,「いったんバルコニーに上って,みんなの動きを見てみなさい」という意味です。(位置 No. 1049)

「俯瞰しなさい」というより「バルコニーから見下ろせ」という方が,英語っぽくてカッコいい。

特に,「各自で企画を考えてきてください」と宿題を出しても,平凡なアイデアしか出てこない場合,ブレストの手法を採り入れてみると,少し変化が見られるかもしれません。自分 1 人では思いつかなくても,ある人のアイデアに触発されて,新たなアイデアが誘発され,化学反応が起き始めることもあります。(位置 No. 1179)

自分で考えた企画を誰かに見せることで,新しい気づきを得て,企画を磨いていく。

私がアマゾンで体得したブレストのコツを紹介しましょう。

時間を短く切って「クイック・アンド・ダーティ」

イデア出しの時間は短めに設定すること。なぜなら,あまり熟考する時間を与えすぎると,きれいな回答しか出てこないからです。(位置 No. 1259)

イデア出しは長い時間をかけても,いいことはない。

大きな目標を達成するために,見なくてはいけない数字は何か。その数字はどんな要素で成り立っているのか。その具体的な要素を示すのが KPI です。目標とする KPI を達成し,それが積み上がったものが KGI になるという構造を意識しなくてはいけません。(位置 No. 1485)

目標の進捗を定量的に管理できるようにしておく。

異常値の分析を行い,対策を検討するなど,然るべき準備をした上で,会議に臨むのが暗黙のルール(位置 No. 1539)

定量的な管理をすることで,異常値の分析も行える。

ベゾスがよく言っていたのが「Good intention does not works, only mechanism works!(人の善意に頼って仕事をしてはいけない。仕組み作りが重要だ)」ということ。数字化や仕組み化して,誰がやってもできるようにしなさいという意味です。(位置 No. 1587)

人の善意に頼らなくてもいいように,仕組みを作る。

PDPD の連続だけで,ポストモーテムと KPI の管理という CA の仕組みがなければ,いくらプランを立てて実行しても長続きしないし,発展性に欠けてしまいます。

プロジェクトを立ち上げる際には,会議の中で CA のやり方まできっちりと決めることが非常に大切です。(位置 No. 1636)

私が勤めている会社では,PDPD の連続なので,あらかじめ CA のやり方を決めておく。

アマゾンの OLP*1 14 カ条(位置 No. 1739)

  1. Customer Obsession(顧客へのこだわり)
  2. Ownership(オーナーシップ)
  3. Invent and Simplify(創造と単純化
  4. Are right, A Lot(多くの場合正しい)
  5. Learn and Be Curious(学び,そして興味を持つ)
  6. Hire and Develop the Best(ベストな人材を確保し育てる)
  7. Insist on the Hightest Standards(常に高い目標を掲げる)
  8. Think Big(広い視野で考える)
  9. Bias for Action(とにかく行動する)
  10. Frugality(質素倹約)
  11. Earn Trust(人々から信頼を得る)
  12. Dive Deep(より深く考える)
  13. Have Backborn; Disagree and Commit(意見を持ち,議論を交わし,納得したら力を注ぐ)
  14. Deliver Results(結果を出す)

アマゾンの OLP をアレンジして,自分なりの Principles を作ってみよう。

*1:リーダシップ理念(Our Leadership Principles)