Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

新横綱・照ノ富士,万全の相撲で初日白星

2021年9月12日作成,2021年9月13日修正

2021年9月12日,大相撲秋場所は初日を迎えた。

照ノ富士は,新横綱として初日に臨み,小結・逸ノ城*1を万全の相撲で下し,白星スタートを飾った。

照ノ富士は,立ち合いから力強く前に出て,逸ノ城をそのまま寄り切った。逸ノ城は,8月末に新型コロナウイルス感染しており,十分な稽古ができなかったこともあり,力強さは感じられなかった。

横綱の初日というのは,横綱になった者にしかわからないことではあるが,相当なプレッシャーがあると考えられる。しかし,照ノ富士は心技体が充実し,気負いなく相撲がとれているように感じられた。

二日目の相手は,前頭筆頭・豊昇龍。第 68 代横綱朝青龍を叔父に持つ有望株で,初日,大関・正代を下している。二日目,照ノ富士と豊昇龍の一番に注目したい。

平成以降の横綱の新横綱場所

横綱照ノ富士の初日白星を受け,平成以降に横綱昇進した力士の,新横綱初日の結果を調べてみることにした。

平成以降に横綱に昇進した第 63 代横綱旭富士から第 72 代横綱稀勢の里のうち,新横綱で初日を白星で飾れなかったのは,第65代横綱貴乃花だけであった。

横綱のプレッシャーで,初日に固くなり,黒星を喫する力士も多いかと思ったが,そうではなかった。

さらに,平成以降,横綱に昇進した力士の,新横綱の場所成績も調べてみた。

表 新横綱の場所成績
横綱 場所 成績 優勝
旭富士 1990年秋 13勝2敗  
1993年春 10勝5敗  
貴乃花 1995年初 13勝2敗 優勝
若乃花 1998年名 10勝5敗  
武蔵丸 1999年名 12勝3敗  
朝青龍 2003年春 10勝5敗  
白鵬 2007年名 11勝4敗  
日馬富士 2012年九 9勝6敗  
鶴竜 2014年夏 9勝6敗  
稀勢の里 2017年春 13勝2敗 優勝
照ノ富士 2021年秋  

横綱の場所成績を見ると,優勝を果たしているのは,第65代横綱貴乃花と第72代横綱稀勢の里だけである。貴乃花は,新横綱初日は黒星であったが,その後,盛り返し,優勝を遂げている。

1 場所 15 日制が定着した 1949 年夏場所以降に限ると,新横綱賜杯を抱いたのは,前述の貴乃花稀勢の里のほか,大鵬隆の里の 4 名だけである。

横綱初日に白星を飾れたとしても,新横綱での優勝というのは,なかなかにハードルが高いようだ。昭和の大横綱である北の湖千代の富士,平成の大横綱である朝青龍白鵬も成し遂げていないことが,それを物語る。

照ノ富士は,新横綱で優勝できるか

今場所,もう一人の横綱白鵬は,所属する宮城野部屋新十両・北青鵬が新型コロナウイルスに感染したため,休場となった。

また,大関である正代,貴景勝は,秋場所初日黒星。

正代は直近 3 場所で 2 桁の白星がない。貴景勝は休場明けで,初日の相撲を見る限り,本調子ではないと思われる。

初日の大関陣の相撲と至近の状況を踏まえると,照ノ富士の対抗馬となれそうもない。

関脇以下の力士で,照ノ富士の対抗馬となれそうな力士はいるか。

残念ながら,私には思い浮かばない。

横綱の場所,照ノ富士は優勝する可能性は,非常に高いと予想する。

masassiah.web.fc2.com

 

*1:照ノ富士逸ノ城は,同じ飛行機で来日し,鳥取城北高校の相撲部に所属した。