king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

天才とは努力を続けられる人のことであり,それには方法論がある。

そもそも一度読んだだけで理解しようとすることが誤りです。反復・継続しなければ,人は学ぶことはできません。一を聞いて十を知る人は,私に言わせれば,その能力の高さゆえに異常な人に分類されます。十を聞いて一を知ることができれば,大したものじゃないか,そう思います。(p. 81)

参考書は何度か読むことで,理解度が徐々に上がっていくことを体感する。

ビジネスや教育の現場で,何もわかっていない段階の人に「とりあえず自分の頭で考えて」という上司や教師がいます。彼らは何年も経験を積み,十分な知識を持っています。つまり,8割知っていて,2割を知らない状態です。だから,この2割を「自分の頭で考える」ことができるし,それもおもしろいと思えるのです。(p. 93)

知らなかったときのことを忘れていないか。どうやって自分は知ったのか,振り返ってみる。

私が本当に自慢に思っていたのは,試験に落ちなかった自分ではなくて,挑戦することを拒まなかった自分なのだろうと,そのときに気付いたのです。(p. 194)

試験にチャレンジすることを誇りにする。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 (扶桑社新書)

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 (扶桑社新書)