Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

DX 経営図鑑

『DX 経営図鑑」(金澤 一央,DX Navigator 編集部,アルク,2021年3月16日)を読了。

DX は技術導入やスピードアップ,「カイゼン」そのもののことではないことがわかります。技術導入によって得られたアドバンテージを用いて価値提供の仕組みを変え,ビジネス構造を変えることで,新しい競争基準の中で優位性を得るという,一連の変革ストーリーこそが DX なのです。(位置 No. 20)

カイゼンと DX との違いをはっきり理解していない人も多い。

過去に大きな成功体験を持っている企業ほど,新しいものを「取り込む」という発想を持ってしまい,技術開発面でいえば「自社流にカスタマイズ」しようとします。しかし,デジタル化社会のビジネスは,先鋭化した各サービスがその個性を維持しながら繋がることで,カスタムという手間を極力避け,幅広いデータを処理し,指数関数的な成長をともに目指すエコシステムが主流です。(位置 No. 468)

エコシステムの発想を社内の IT に取り込みたい。

NIKE は常に,先進的な製品開発とトッププレーヤーとの連携による強力なマーケティングによって成長してきました。1988 年から掲げるブランドスローガン「Just Do It(行動あるのみ)」は,トッププロの姿勢を表現すると同時に,「トップに上るための行動を起こす,全ての人のために NIKE は存在する」というメッセージで,開発とマーケティング双方への一貫した哲学でもあります。(位置 No. 927)

Just Do It は,私の記憶に残っている。

2017年,伝説的な CEO マーク・パーカーが打ち出したこの戦略は,"2X Innovation, 2X Speed and 2X Direct" という言葉が示す通り,「2 倍のイノベーション,2 倍のスピード,2 倍の直販」を目標にしました。(位置 No. 960)

大きな目標がなければ,意識の変化は生まれない。

このような取り組み*1ができるのは,オンライン教育システムと講師陣の充実,生徒たちからの質問を集めたデータベース Yuantiku(猿題庫)と,AI を活用したきめ細やかなプログラムのマッチング能力があるからです。ゲーミフィケーションを駆使した多様なオンライン学習の仕組みで予習復習のコンプリート率を高めつつ,指導者による丁寧なフォローアップで 8 割以上の生徒継続率を誇っています。(位置 No. 3182)

オンライン教育をうまく活用し,自分をリビルドしよう。

*1:2012 年創業の Yuanfudao というオンライン学習塾