Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

令和三年七月場所,白鵬が復活の全勝優勝を果たす

 2021年7月18日作成,2021年7月20日更新

令和三年七月場所の千秋楽,14戦全勝同士*1の一番に横綱白鵬(36 歳,宮城野部屋)が勝ち,復活の全勝優勝を果たした。白鵬は 7 場所ぶり 45 回目の優勝である。

敗れた大関照ノ富士(29 歳,伊勢ケ浜部屋)は14勝1敗となり三連覇を逃したが,第73代横綱に昇進する見込みとなった。

白鵬の復活優勝

「この一番に全てを賭けて臨みました」と白鵬が振り返った。立ち合いの駆け引きに荒々しい取り口。勝負に徹したときの白鵬の強さを改めて見せつけた。

白鵬の復活優勝により,新たな記録が生まれた。

  • 6 場所連続休場明けからの優勝は史上初(大鵬が 5 場所連続休場明けから優勝した例がある)
  • 36 歳 4 カ月での横綱の優勝は,千代の富士の 35 歳 5 カ月を超える最年長記録
  • 一人横綱の優勝 19 度目(これまでは,朝青龍と並んでいた)
  • 16 年連続幕内優勝
  • 16 回目の全勝優勝

三月場所の 3 日目から途中休場した際,師匠の宮城野親方(元前頭・竹葉山)が「名古屋で最後を懸ける」とコメントしたように,進退をかけて今場所に臨んだ白鵬は,全勝優勝を果たし,今後も進み続けることを印象付けた。

king-masashi.hatenablog.com

一方,14 日目の正代戦*2,千秋楽の照ノ富士戦は,必ずしも正攻法とは言えない取り口ではあるものの,勝利への執念を感じさせられた。誰よりも勝ちたい思いが強いからこそ,全勝優勝を果たせたのだと思う。

千秋楽の解説の北の富士舞の海の発言にもあるように,白鵬の勝利に対する執念は,凡人には推し量れぬものなのかもしれない。

舞の海白鵬はそこまでして勝ちたいのか」

北の富士「凡人にはわからない」

優勝後のインタビューでは,「右膝がボロボロで言うことを聞かなかったので,この一番に全てをかけようと思って,気合を入れてやりました」と語ったが,肉体的にも,精神的にも追い込まれていたとしても,闘志だけは衰えていないのか。

また,今後の目標を聞かれ,「横綱通算 899 勝,あと 1 勝で 900 勝なので,まずは 1 勝を目指して頑張りたい」と答えた白鵬。闘志ある限り,また勝ち続けるだろう。

2021年7月19日追記

全勝優勝した白鵬について,ネット上で色々な意見が展開された。また,横綱審議委員会の委員からも,色々な意見が述べられた。

色々な意見に対して,茂木 健一郎 氏のツイートが的を得ているように感じたので,以下に共有する。

 

照ノ富士,令和初の横綱

千秋楽の打ち出し後,審判部は八角理事長(元横綱北勝海)に昇進を審議する臨時理事会の開催を要請した。7月19日,八角理事長は横綱審議委員会に諮問し,委員会に出席する委員の 3 分の 2 以上の賛成が得られれば,推薦が決まる。そして 7月21日に開かれる秋場所番付編成会議後に開かれる理事会で,第73代 横綱 照ノ富士が正式に誕生する見込みである。

照ノ富士横綱昇進すれば,2017年初場所後に横綱昇進した稀勢の里以来,モンゴル出身の力士では,2014年春場所後に横綱昇進した鶴竜以来 5 人目*3となる。

千秋楽,白鵬に敗れた照ノ富士は「自分が弱かっただけ。この悔しさを来場所につなげたい」と語り,さらに力強い相撲を見せ,白鵬を破る姿を見たいものだ。

masassiah.web.fc2.com

*1:千秋楽 14 戦全勝対決は,1960年春の若乃花(初代)と栃錦,1963年秋の柏戸大鵬,1964年春の大鵬柏戸,1983年秋の隆の里千代の富士,2012年名古屋の日馬富士白鵬に次ぐ 6 例目。

*2:仕切り線から大きく離れて立ち合い,張り手を交えながら勝利した。

*3:モンゴル出身の横綱は,朝青龍白鵬日馬富士鶴竜,そして照ノ富士