Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

経営が元気になる「システム開発」の極意 植村 隆文

2020年10月5日

『経営が元気になる「システム開発」の極意』(植村 隆文,2013年4月12日)を読了。

「要するに,システム開発っていうのは,社長から現場までちゃんとコミュニケーションをとって,意思統一した上で,寄り道せずに,目的地までの最短距離をチームで走っていけばいいのね」(p. 4)

社長から現場まで,さまざまな人がいる中,意思統一した上で,寄り道せずに,目的地まで最短距離を走るのは,難しい。

システム開発は物品調達と同じ」という誤解。それが第一の要因である。(p. 14)

システムは物品ではない。

「システムは万能。何でもできる」という妄信。これが第二の要因である。(p. 19)

システムは万能ではない。

システム開発の 80 % は最初の設計で決まる」とよく言われるほど,周到な最初の設計が実は最も重要な作業なのだ。(p. 38)

システム開発の最初の設計には,妥協しない。

「DSJ 」とは「Design-leading System by Joho section」の略であり,(発注側の)情報システム部門が中核主体となって,経営戦略を反映させ,きちんと設計を実施した上で,プログラミングを行う,システム開発の手法である。(p. 52)

私が勤めている会社では,そもそも情報システム部門が中核主体になれていない。

DSJ 方式の設計(p. 103)

  • システム概要と目的
  • 画面業務フロー
  • データベース設計
  • システム構成設計(ハードウェア構成,ソフトウェア構成,ネットワーク構成)
  • 外部インターフェース設計
  • 性能設計
  • セキュリティ設計
  • 運用・保守設計
  • 設計ガイドライン
  • 開発ガイドライン

 DSJ 方式の設計項目それぞれについて,イメージを持っておく。

【会議】(p. 109)

  1. 打合せの成果の確認と承認を行う場。
  2. 全体の進捗状況と懸案事項の情報を共有する場。
  3. 懸案事項についての対応方針を確認する場。

【打ち合わせ】

  1. 担当者間で,仕様などの確認を行い,意見交換する場
  2. 担当者間で,スケジュールの確認と懸案事項の洗い出しを行う場
  3. 担当者間で,個別の問題点や課題について,対応策を検討する場

会議と打ち合わせの意味を使い分ける。

「ユーザーの言うことは鵜呑みにするな」(p. 132)

ユーザの言うことは,あくまでも 1 ユーザの言うことに過ぎない。

システム開発のベースは人件費だ。コスト=工数(人月)であり,誰が何日かけて,今月はどのくらいの出来高であるという予実算管理がなければ,費用はいくらあっても足りない。(p. 162)

システム開発の委託先だけではなく,社内でどれくらいコスト(人件費)をかけているのかも把握しておく。