Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

スプリットなくさずして、スペアはあり得ない

イメージ 1

スプリットのスペア・カバー率はどれほどのものであろうか。
Baby程度のスプリットであれば、スペア・カバーすることは難しくない。

しかし、シンシナチ(8-10)、スネーク・アイ(7-10)、あるいはダブル・ピナクル(4-6-7-10)等のスプリットに関して言えば、神がかり的なピン・アクションでもない限り、スペア・カバーは不可能なはずだ。

スペアを確実に取るのであれば、まずはスプリットをなくさなければならない。
とは言え、スプリットを完全に抑止することはできるのであろうか。

その答えを私は持ち合わせていない。
一応は、常にスプリットにならないように投球しているはずだ。

一つ言えるのは、ストライクさえ取り続けていれば、スプリットは発生しないはずだ。
ただ、それは極めて難しいことであるのは、よく知られた事実であるが・・・。