Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

スマートウォッチを身に着けよう

2020年3月28日更新

スマート心拍ブレスレット(Smart HRM Bracelet,いわゆるスマートウォッチ)を購入し,身に着けてみた。

ウェアラブルバイスの進化は目覚ましく,IoT により,自動的に歩数や睡眠時間は記録できてしまう。
歩数,睡眠時間等をに記録している人*1,記録したい人には,おススメ。

身につける IoT はウェアラブルバイスと呼ばれ,腕時計型やメガネ型が代表的です。

(『総務省 ICT スキル総合習得教材 [コース 1] データ収集 1-2 : データ収集技術とウェアラブルバイス』)

スマート心拍ブレスレットの仕様

私が購入したスマート心拍ブレスレットは,GanRiver FITNESS TRACKER という商品だ。

その仕様を以下に示す。使用方法にもよるだろうが,フル充電であれば 1 週間ぐらい使用できるとのことである。
私の使い方では,使用時間は 3 ~ 4 日程度といったところ。

  • 製品型名:ID128Color HM
  • 電池容量:90 mAh
  • 本体重量:約 23 g
  • 使用時間:7 日間ぐらい
  • シンクロ方式:Bluetooth 4.0

なお,本ブレスレットとスマートフォンでのデータ等の送受信は,Bluetooth 4.0 を用いて行われるが,スマートフォン側では,「VeryFitPro」というアプリをインストールしておく必要がある。

play.google.com

スマート心拍ブレスレットの機能

スマート心拍ブレスレットの機能を以下に示す。

時間モード

時間がわかる。
つまり,心拍数等も測定できるスマートなウォッチということができる。

心拍数モード(Heart rate monitor)

心拍数を測定できる。

睡眠モニター(Sleep monitor)

睡眠時間を測定できる。

血圧テスト

血圧(最高血圧最低血圧)を測定できる。

アラームモード

アラームとしても使える。

運動モード

ウォーキング,ランニング時などの心拍数,歩数(steps),カロリー(calories),活動時間(activity time)などを測定できる。

着信・メッセージのお知らせ(SMS alert)

着信,メール,Line,Facebook 等のメッセージを知らせてくれる。
スマートフォンをポケットに入れ,マナーモードにしていることが多いので,この機能は大変ありがたい。

(参考)ウェアラブルバイスの実用化・商用化が進んでいる背景

平成27年度版 情報通信白書』によると,ウェアラブルバイスの実用化・商用化が進んでいる背景は,以下の通り。

  1. センサー機器をはじめとするデバイスの小型化・軽量化が進み,使用者の装着時の負担や違和感が軽減したこと
  2. スマートフォンの普及により,スマートフォンを経由したデザリングによるインターネット接続が可能となり,併せて,低消費電力の近距離無線通信技術が発達し,長時間のインターネット接続が可能となったこと
  3. クラウドの普及やデータ解析技術の発達により,センサーを通じて取得・送信した多種多様なデータをクラウド上で蓄積・分析できるようになったこと
令和元年版情報通信白書

令和元年版情報通信白書

 

 

*1:私は,10 年くらい記録シートに睡眠時間を記録している