Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

大相撲幕内力士の年間勝ち星を振り返る2019

2020年4月21日更新

2019年,大相撲幕内力士のうち,年間勝ち星が最も多かったのは,朝乃山であり,その記録は 55 勝であった。
ただし,55 勝で年間最多勝というのは,史上最低の記録ということであった*1

以下に,2019 年の大相撲幕内力士の年間勝ち星上位 5 名の勝ち星を列挙する。

  • 朝乃山 55 勝
  • 阿炎 54 勝
  • 白鵬,御嶽海 51 勝
  • 遠藤 49 勝

また,年間勝ち星上位 5 名である朝乃山,阿炎,白鵬,御嶽海,遠藤の 2019 年の年間勝ち星の推移(場所単位)を下図に示す。

幕内力士の年間勝ち星 2019

幕内力士の年間勝ち星 2019

2019年の幕内力士の年間最多勝争いは,非常に混戦しており,まさに団子レース状態であったことがわかる。

白鵬は年間 29 日間も休場し,5 月場所と 9 月場所においては 1 勝もあげていない中,この団子レースに加わっていることに,本稿では注目したい。
白鵬は休場さえなければ,安定して勝ち星を積み重ねており,他の力士とは 1 線を画していると言えるそうだ。

それを確認するため,年間最多勝となった朝乃山(90 日間全て出場)と白鵬(年間 29 日休場)の勝率を比較する。

朝乃山と白鵬の勝率の差は 2 割以上あり,その差(1 年間では 18 勝,1 場所では 3 勝の差に相当)は歴然である。

  • 朝乃山 55 勝/90 日 = 0.611
  • 白鵬 51 勝/(90 - 29)日 = 0.836*2

参考 1989 年以降の大相撲幕内年間最多勝

1989 年(平成元年)以降の大相撲幕内年間最多勝の記録を下図に示す。
本文でも示したとおり,2019 年の年間最多勝記録 55 勝は,史上最低の記録であることがわかる。

平成時代,大相撲幕内年間最多勝を記録した力士は,全て大関以上を経験している。
令和初の年間最多勝を達成した朝乃山,近い将来,大関に昇進することは既定路線*3か。

大相撲幕内年間最多勝

大相撲幕内年間最多勝

 

masassiah.web.fc2.com

*1:2018 年までの史上最低記録は,2017 年 白鵬56 勝 9 敗 25 休

*2:2019 年 11 月場所終了時点において,白鵬横綱通算勝率は 0.877 であり,2019 年度の勝率はそれを 0.04 程度下回る。

*3:2020 年 3 月場所終了後,朝乃山は大関に昇進した。これにより,平成以降,大相撲幕内年間最多勝を記録した力士は,全て大関以上を経験している。