Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

金田正一氏の偉大なる記録をグラフ化

2020年3月20日更新

はじめに

日本プロ野球国鉄スワローズ読売ジャイアンツで活躍した金田 正一 氏(かねだ まさいち,1933年8月1日生)が,2019年10月6日に亡くなった。

上記のように,日本プロ野球に燦然と輝く記録を残した金田 正一 氏の記録をグラフ化してみた。

「日本プロ野球の歴史を見ても 100 年,200 年と出てこないレベルの投手でしょう」(張本勲

勝利数

金田 正一 氏の年度別の勝敗数を下図に示す。

f:id:king-masashi:20191006212710p:plain

年度別の勝利,敗戦

1951 年度から 1964 年度まで,20 勝以上挙げているのは,圧巻である。

ただ,これだけ多くの勝利を挙げているのに,年間最多勝となったのは,わずか 3 回(1957 年,1958 年,1963 年)しかない。

ちなみに,1964 年度までは国鉄スワローズ,1965 年度からは読売ジャイアンツでプレーしているが,読売ジャイアンツ移籍後,わずか 47 勝しか挙げていないのは意外である。

奪三振

金田 正一 氏の年度別の奪三振数を下図に示す。

f:id:king-masashi:20191006212924p:plain

年度別の奪三振

20 勝以上挙げていた時期(1951 年度 ~ 1964 年度)の奪三振は 200 を大きく超え,非常に高いレベルである。

最多奪三振については,10 回獲得している。

一方,読売ジャイアンツに移籍した 1965 年度以降,奪三振数についても勝利数と同様に激減している。

通算勝利数

金田 正一 氏の年齢と通算勝利数,通算敗戦数の関係を下図に示す。

f:id:king-masashi:20191006213057p:plain

通算勝利,敗戦

金田 正一 氏が 26 歳のとき,すでに 200 勝を達成している。

通算 200 勝すらも難しいと言われる今日においては,信じがたいペースである。

「時代が違うので比較しにくいが,400 勝を超えるピッチャーは永遠に出てくることはない。今なんて 200 勝だって難しい。金田さんは 400 勝したという自負が強かったが,それだけのことを口だけではなく実際にやってきた人」(江本孟紀

なお,参考のため日本プロ野球における通算勝利数の上位は以下の通り。

  1. 金田正一 400 勝
  2. 米田哲也 350 勝
  3. 小山正明 320 勝
  4. 鈴木啓示 317 勝
  5. 別所穀彦 310 勝

金田 正一 氏は,32 歳時点で通算 353 勝で,日本プロ野球の通算勝利数 第 2 位の米田 哲也 氏の記録を上回っている。

読売ジャイアンツに移籍したとき(1965 年度),既に日本プロ野球史上最多の勝利数を挙げていた。

通算奪三振

金田 正一 氏の通算奪三振数を下図に示す。

f:id:king-masashi:20191006213225p:plain

通算奪三振

通算勝利と同じように,とてつもないスピードで通算奪三振数を伸ばしている。

日本プロ野球における通算奪三振数の上位 5 傑を示す。

  1. 金田正一 4,490 奪三振
  2. 米田哲也 3,388 奪三振
  3. 小山正明 3,159 奪三振
  4. 鈴木啓示 3,061 奪三振
  5. 江夏豊 2,987 奪三振

通算奪三振は,歴代 2 位の小山 哲也氏の記録より,1,000 以上多い。

ただし,メジャーリーグMLB)において,ノーラン・ライアンランディ・ジョンソンロジャー・クレメンスは,金田 正一氏の記録を上回っているようである。

  1. ノーラン・ライアン 5,714 奪三振
  2. ランディ・ジョンソン 4,875 奪三振
  3. ロジャー・クレメンス 4,672 奪三振
プロ野球 最強のエースは誰か?

プロ野球 最強のエースは誰か?

 
レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙

レジェンドOBが選んだ! プロ野球 史上最高の選手 総選挙

 
プロ野球史上最高の選手は誰だ? (宝島社新書)

プロ野球史上最高の選手は誰だ? (宝島社新書)