Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

マウスコンピュータ Lm-i730S の OS に Ubuntu 追加

2020年4月19日作成,2020年8月15日更新

はじめに

Windows 7 のサポート期間終了以降,電源を入れていなかったマウスコンピュータ Lm-i730S の OS に Ubuntu を追加してみた。
本稿は,Lm-i730S の Ubuntu 化についてまとめたものである。

Lm-i730S の主な諸元

Ubuntu のダウンロード

Lm-i730S は,以下に示すUbuntu のシステム要件を満たしていたので,Ubuntu を選択*1することにした。

  • 対応 CPU 64 bit
  • CPU クロック周波数 2 GHz 2 コア
  • メモリ 2 GB ※4 GB 以上推奨
  • ハードディスク 25 GB

Ubuntu LTS*2 版の最新バージョン 18.04.4 LTS をダウンロード。

ubuntu.com

Ubuntu のインストール

Ubuntu をインストールするパソコンのデータ移行は行っていなかったため,Windows 7Ubuntu を同居させる「デュアルブート*3」を選択した。
※移行していないデータは,それが消失したとしても直ちに支障をきたすという類のものではない。
Ubuntu のインストール手順をまとめたサイトによると,デュアルブートでインストールを行うと,環境によっては WindowsUbuntu が起動しなくなってしまうおそれがある,との記載もあったが,今回の環境では,問題なくデュアルブートにできた。

ドライバのインストール

ディスプレイアダプタ NVIDIA GeForce GT 430 とネットワークアダプタ(無線) ELECOM WDC-433DU2HBK のドライバをインストールする。
いくつかのインターネット情報をもとに,試行錯誤を繰り返し,何とかドライバのインストールに成功できた。

追加のドライバー

追加のドライバー

日本語環境化

英語環境では,厳しいので,日本語環境化を実施。
日本語環境は Mozc*4 を選択。

地域と言語

地域と言語

ソフトウェアのインストール

今後,使いそうなソフトウェアをインストール。

 

*1:選択肢としては,Ubuntu,Lubuntu,Puppy Linux があった。

*2:Long-term support. 長期サポートの略称。2023年4月までの 5 年間,無料のセキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが保証されている。

*3:1 台のパソコンで複数の OS を切り替えて起動できるようにするシステムインストールの方法。デュアルブートにすれば,WindowsUbuntu を切り替えて利用できるため,環境に合わせて使い分けることができる。

*4:Google 日本語入力のオープンソース