Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

統計学が見つけた野球の真理 最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの

統計学が見つけた野球の真理 最先端のセイバーメトリクス*1が明らかにしたもの』(鳥越 規央*2講談社,2022年3月20日)を読了。

  • 序章 セイバーメトリクスの歴史――草創期から「革命」まで
  • 第1章 セイバーメトリクスの原理――どのように「数値化」するのか
  • 第2章 投手の指標――どこまでが「責任」なのか
  • 第3章 打撃の指標――「得点創出能力」をいかに表すか
  • 第4章 セイバーメトリクスの可視化――「下剋上」の原動力とは
  • 第5章 パークファクター――野球は「場所」によって変わる
  • 第6章 守備の指標――「未開の領域」に光を当てる
  • 第7章 走塁の指標――「足」でどれだけ稼げるか
  • 第8章 総合指標――「二刀流」を評価する
  • 第9章 セイバーメトリクスの革命――テクノロジーが明かす真実
  • 第10章 プロ野球の未解決問題――これからのテーマ

現代のセイバーメトリクスにおいて,基本的な考えとなっているのが「そのプレーにどのくらいの価値があるのかを測るにはどうすればよいのか」ということである。そのプレーの価値を数量化することができれば,客観的な評価基準を設けることができ,他者との比較も容易となる。(p. 28)

定量的な評価の基準を設けることができれば,他者との比較も容易となるし,判断に一貫性を持たせることができる。

「得点期待値の変動の大きい場面で活躍すれば,大きく得点期待値を上昇させるプレーとなり,よりチームに貢献できる」というコンセプトのもとお提案された評価の指標が「RE24」(Run Expectancy based on the 24 base-out states)である。(p. 37)

RE24 を用いれば,いわゆる「勝負強さ」を定量的に比較することができる可能性がある。

捕手としても監督としても超一流であった野村克也はかつて,

「サッカーやバスケットボールはボールがゴールに入ることで得点が入るが,野球は選手が本塁に還ることで得点が入るスポーツ。だから,選手の足の速さはとても重要」

と語っていた。(p. 154)

ただ足が速いだけではダメかもしれないが,足が速いことは得点の重要な要素。

*1:セイバーメトリクス」という呼称はビル・ジェームズが命名したとされているが,その語源は 1971 年に発足したアメリカ野球学会,通称 SABR(Society for American Baseball Research:「セイバー」と発音)であり,ジェームズは SABR に敬意を表して,この言葉をつくったようだ。

*2:とりごえ のりお。統計学者。江戸川大学客員教授。野球などにおいて選手のデータを統計学的見地から分析し,評価や戦略立案に活用するセイバーメトリクスの日本での第一人者。