Masassiah Blog

Masassiah のブログです。主に読書で得た気づきをまとめています。

会社は頭から腐る 冨山 和彦

2020年12月21日

『会社は頭から腐る――あなたの会社のよりよい未来のために「再生の修羅場からの提言」』(冨山 和彦,2007年7月30日,ダイヤモンド社)を読了。

このような「相互安全保障」を目的とした会議や根回しの業務量は,人と人との組み合わせの数に応じて増えていく。コンビネーションの nX(n-1) の方程式に当てはめると,それは,人数の二乗に比例して増加する。管理業務における人・日ベースの業務処理能力は基本的にはリニアでしか増えない。管理部門のスタッフを一定以上増やしても調整業務が増えるばかりで,本質的な業務能力は高まらず,むしろ全体では減少を始める。意思決定の中味も妥協点,情緒的になっていく。(位置 No. 369)

調整に調整を重ねた結果,本当にやりたいことの何割が残るだろうか。

余計なことを考えず,ひたすらに何をやらなければいけないのかを整理する。そして,合理的に必要最低限の人間と,的確な能力と動機づけを持つ人間を揃え,しかるべき役割と権能を名実共に与え,しっかりマネジメントを行うことさえできれば,本部機能なんて少人数ですむのだ。(位置 No. 381)

人を減らしてコンパクトな組織にすることで,スピードアップする。

「賢者は歴史に学ぶ」という言葉があるが,どんなにたくさんの優秀な人間がいても,いやそういう組織こそ,集団としては大きな誤りを繰り返し犯す危険性をはらんでいるのだ。(位置 No. 447)

日本という集団は,大きな過ちを繰り返しているようにも思える。

時々「私は経営がわかった」「経営を極めた」という言葉を耳にしたり,「この会社の再建にメドが立った」などと書かれたメディアを目にしたりする。しかし,メドが立ったと思った瞬間から,その会社の衰退は始まっているのだ。(位置 No. 822)

経営に終わりはない。

人を大切にするというのであれば,今,目の前にいる従業員も大事かもしれないが,次の世代も大事ではないか。いや,本当は次の世代のほうがもっと大事なのである。(位置 No. 1026)

目の前にいる従業員のことではなく,次の世代のことを考える。

日本人は挑戦しない,新しいことをやりたがらないとよくいわれるが,これは日本人に問題があるのでも,個々の社員に問題があるのでもない。挑戦すれば報われるインセンティブが,日本の企業社会にはなかったということなのである。(位置 No. 1071)

挑戦すれば報われるインセンティブがあれば,多少は挑戦するようになるか。

マネジメントは自分の意思と言葉を持っていなければならない。自分の頭で考えて,自分の意思で勝ち抜こうという人間でなければ,本当に厳しい状況で正しい解を創出できないし,おそらくは厳しい施策となるその解を断行しようとしても,現場がついてこない。(位置 No. 1149)

強い意志で施策を策定し,現場を引っ張っていく。

名門企業の没落でもったいないのは,そこに本来,優秀な人材が多数いるにもかかわらず,それらの人材を生かし切れていない点である。さらに,本来優秀だった人さえも長年,組織の論理に浸りすぎてきた弊害で,戦うプロフェッショナルとしてまったく機能しなくなってしまうことである。(位置 No. 1532)

組織の論理から一度離れることで,戦うことを思い出す。

企業が掲げる根本理念,哲学。それを実現する基本手段としてのガバナンス構造。形式論ではなく,実質的にこの二つがしっかりと整合的に揃い,ブレずに機能していることは,環境変化の荒波の中で,会社を腐らせずに持続的に発展させる背骨である。(位置 No. 2037)

理念・哲学とガバナンスをしっかり確立した上で,価値創出に向かって行く。

同期で一番で出世しようが,二番で出世しようが,それがどうしたというのだろう。そんなことは社会全体で見れば,どうでもいいような誤差の範囲の話だ。世の中にどれくらいのインパクトをつくれたか,これこそが真の社会のリーダーには問われるのだ。(位置 No. 2496)

世の中にインパクトをつくるためには,同期を見ることは必要ない。

会社は頭から腐る

会社は頭から腐る