読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

数値電磁界解析のためのFDTD法-基礎と実践-

『数値電磁界解析のためのFDTD法ー基礎と実践-』(宇野他,コロナ社,2016年)を購入してみました。2016年5月25日 初版第1冊発行となっておりますが,すでにAmazonで購入できるようです。

数値電磁界解析のためのFDTD法- 基礎と実践 -

数値電磁界解析のためのFDTD法- 基礎と実践 -

 

1998年に刊行された『FDTD法による電磁界およびアンテナ解析』の後継となる位置づけと思われます。1998年以降,新たに生まれた方法,淘汰された方法についても触れられています。また,FORTRAN90に準拠したプログラムコードも記載(コロナ社のWebサイトからダウンロード可能。ただし,本書に記載されているパスワードが必要)されており,より実践的な内容となっています。

FDTD法による電磁界およびアンテナ解析

FDTD法による電磁界およびアンテナ解析

 

参考までに本書の構成は以下の通りです。

1.    FDTD法基礎
    1.1    電磁方程式
    1.2    Yeeアルゴリズム
    1.3    物体のモデル化
    1.4    外部波源と励振パルス
    1.5    時間ステップとセルサイズ

2.    吸収境界
    2.1    Murの吸収境界
    2.2    PML吸収境界
    2.3    UPML
    2.4    CPML

3.    基本プログラム
    3.1    計算の流れ
    3.2    1次元問題
    3.3    2次元問題
    3.4    3次元問題

4.    分散性・異方性媒質
    4.1    代表的な分散性媒質
    4.2    RC法とPLRC法
    4.3    ADE法
    4.4    左手系媒質の取扱い
    4.5    分散性媒質に対するPML
    4.6    異方性媒質

5.    電磁波散乱解析とその実例
    5.1    散乱界に対するFDTD法
    5.2    全電磁界・散乱界領域分割法
    5.3    セル構造の変形
    5.4    良導体の取扱い
    5.5    遠方界

6.    アンテナ解析とその実例
    6.1    アンテナ導体のモデル化
    6.2    アンテナ給電モデルと給電点電流
    6.3    入力インピーダンス
    6.4    反射係数と散乱行列
    6.5    アンテナの放射効率とSAR
    6.6    遠方界特性
    6.7    電流分布と電荷分布

7.    メタマテリアル
    7.1    メタマテリアルとFDTD法
    7.2    平面波の垂直入射
    7.3    斜め入射
    7.4    アンテナ問題
    7.5    分散ダイアグラム

8.    関連手法
    8.1    FDTD関連手法
    8.2    FDTD連成解析
    8.3    周波数領域の電磁界解析手法

付録A.    物理乗数と物質の電気定数
    A.1    基本定数
    A.2    物質の電気定数

付録B.    プログラム
    B.1    2次元平面波の散乱プログラム
    B.2    3次元プログラム
    B.3    全電磁界・散乱界プログラム
    B.4    時間領域遠方界
    B.5    ダイポールアンテナ

付録C.    数値積分と離散フーリエ変換
    C.1    滑らかな関数の積分
    C.2    多重積分
    C.3    離散フーリエ変換

付録D.    連立一次方程式と逆行列
    D.1    連立一次方程式
    D.2    逆行列

引用・参考文献
索引
 

FDTD 時間領域差分法入門

FDTD 時間領域差分法入門

 
Advances in FDTD Computational Electrodynamics: Photonics and Nanotechnology (Artech House Antennas and Propagation Library)

Advances in FDTD Computational Electrodynamics: Photonics and Nanotechnology (Artech House Antennas and Propagation Library)