king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

ホームシアターシステムの比較検討

薄型テレビを導入してから幾星霜。いくらテレビを見ることが少ない生活を送っていたとしても,その音の貧弱さには耐えかねた。そこで2014年ゴールデンウィークを利用して,ホームシアターシステムの導入を試みた。

まず,手始めにホームシアターの基礎的な知識を学ぶために,家電量販店よりホームシアターシステムの総合カタログを入手した。

価格.comにおいて,カタログに掲載されている商品の最安値を調べて,カタログに書き込んだ。ホームシアターシステムを導入すると言っても,無い袖は振れません。予算は30,000円が限度でしょうか。 予算の観点からピックアップできたのは下記の5つの商品である。YAMAHAは予算の観点において早くも除外されてしまいました。

各々の商品について特長をまとめていく。

SONY BDV-EF1

とにかく多彩な使い方ができることが最大の特長。Wi-Fi内蔵で,dlna対応サーバーに保存されている音楽をワイヤレスで再生できるのが魅力です。若干,フロントスピーカー,サブウーファーのサイズがやや小ぶりであることが気がかりです。

SONY ホームシアターシステム BDV-EF1

SONY ホームシアターシステム BDV-EF1

 

SONY HT-SS380

憧れの5.1ch再生を実現できるセットです。最大のネックはサラウンドスピーカーのケーブル10.0mの取り回し。テレビの対面の壁に設置するとしても,約8畳のプライベートルームにおいては,サラウンドスピーカーの配線が容易ではないことは明らかです。

SONY ホームシアターシステム HT-SS380

SONY ホームシアターシステム HT-SS380

 

SONY HT-FS30

ピックアップした中では最も安くホームシアターシステムを構成できます。音だけでいうならばコストパフォーマンスは高いかもしれません。しかし,せっかくホームシアターシステムを導入するのであれば,何らかのブレークスルーを期待してしまうのは世の常,人の常。スピーカーの寸法や出力については,SONY BDV-EF1を上回るものの,機能の面においてやや物足りない気がします。

SONY 2.1ch ホームシアターシステム HT-FS30

SONY 2.1ch ホームシアターシステム HT-FS30

 

Pionner HTP-S353

フロントに設置したスピーカーの半分が仮想のサラウンドスピーカーになり,フロント設置のみで5.1chのようなサラウンド感を楽しめるそうです。仮想のサラウンドスピーカーというのは若干,眉唾ものですが,簡単に設置できるのは魅力であります。Bluetoothにも対応していることも魅力であります。

Pioneer 5.1chサラウンドシステム HTP-S353

Pioneer 5.1chサラウンドシステム HTP-S353

 

Pionner MCS-434

ブルーレイディスクレシーバー+5chスピーカーシステム+サブウーファーで構成されるホームシアターシステムであり,拡張性においてはSONY BDV-EF1を凌駕します。やはり導入に向けての最大の壁はサラウンドスピーカーの配線です。

Pioneer ホームシアターシステム MCS-434

Pioneer ホームシアターシステム MCS-434

 

Conclusion

寝室兼書斎兼ホームシアターと何でもありの部屋であるために,サラウンドスピーカーの設置は容易ではありません。そうなれば,SONY HT-SS380およびPionner MCS-434の導入は困難であります。

残された選択肢において,発展性と経済性の両立を図るのであれば,SONY BDV-EF1を選択せざるを得ません。価格的にもそれほど大差なく,多彩な機能を実現できることが最大の魅力であります。

さらにdlnaサーバーの構築,タブレットスマートフォンとの有機的なリンク,Bluetoothを内蔵しているにも関らず,その機能が有効に活用されてこなかったDell Inspiron15Rの再登場など,付随するアクションが色々考えられるという魅力もあります。*1

以上より,我がホームシアターシステムはSONY BDV-EF1としたいと存じます。

*1:ホームシアターシステム導入は暇つぶしという要求もあるとかないとか。