読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

池井戸潤『銀行総務特命』

読書感想

池井戸潤の『銀行総務特命』(講談社文庫)を読了しました。初出は2002年8月だそうです。

新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)

新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)

 

帝都銀行の総務部で,不祥事担当の特命を受けている指宿修平(いぶすきしゅうへい)を主人公とした銀行小説です。“腐敗する組織をリアルに描いた傑作ミステリー”と裏表紙に記載されており,それを下記の表題の短編で楽しむことができます。

  • 漏洩
  • 煉瓦のよう
  • 官能銀行
  • 灰の数だけ
  • ストーカー
  • 特命対特命
  • 遅延稟議
  • ペイオフの罠

腐敗する組織として銀行を舞台としていますが,銀行以外の組織にも当てはまり,思わず膝を打つような描写もあり,非常に興味深いです。例えば,作品中に出てきたフレーズを引用します。

結局のところ正解のないところに正解を作り,道理のないところに道理をこじつけていく,組織の論理の理不尽さ故か。

私も組織で働くようになって,幾星霜でありますが,このフレーズは非常によくわかります。何かを決めるときには,道理をこじつけ,正解のないところで正解を作る,そしてそれを決裁者に仰ぐ,よくある光景であります。