king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

少年A 14歳の肖像

髙山文彦の「少年A 14歳の肖像」(新潮文庫)を読了しました。

「少年A」14歳の肖像 (新潮文庫)

「少年A」14歳の肖像 (新潮文庫)

 

神戸連続児童殺傷事件の少年Aの内に,魔物「酒鬼薔薇聖斗」が産声をあげたのか。第一級捜査資料をもとにしたルポルタージュです。

以前に少年Aの両親による手記も読みましたが,第三者により少年Aに迫っていくルポルタージュということで読みでみました。

少年Aが人を殺めるに至る過程は,理解しがたいものがあるけれど,父親・母親との関係,心の拠り所としていた祖母との死別が発端なんだろうなと思います。少年Aの両親の手記によると,少年Aの狂気に気づいていなかったようですが,少年Aによる殺傷を食い止めることができたのは両親をおいて他にいないのは事実です。

厨二病と言ってしまえばそれまでですが,誰しも14歳の前後に,哲学者になったかのごとく色々なことを考えます。時として人を殺したいと思うこともあるかもしてません。しかし,大方の人はそれを実行に移すことはありません。

少年Aは人を殺すことさえも実行してしまいます。この違いは何なのでしょう。善悪の判断ができなかったのか。というよりも,世間一般で通用する善悪とは別のものを構築してしまったのか。

成長する過程で世間一般論的な善悪を構築するためには果たしてどんなことが必要なのでしょう。やはりまわりの大人たちが善悪を教え込むしかないと思います。そうすると,少年Aのまわりには,不幸にも善悪を教え込む大人がいなかったのか。

彼は幾度となく不良行為を犯し,両親や学校の先生に咎められたというエピソードが出てきます。しかし,それはあくまでも表向きな行為に対してだけであって,少年Aの内なる狂気については,結果として誰も咎めることはできませんでした。 私に子どもができて,育てていくとき,しっかりと善悪を伝えることができるのか。とても不安であります。