king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

容姿端麗,非常,そして最強の女刑事が活躍するアウトバーン

深町秋生著の「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」(幻冬舎文庫)を読了しました。

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)

アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子 (幻冬舎文庫)

 

幻冬舎文庫 冬の読書フェアということで,書店に平積みされていたので手にとりました。

容姿端麗,非情,そして最強。

という帯が夏目三久の顔写真とともについていたのにも興味をそそられました。

上野署組織犯罪対策課の八神瑛子は誰もが認める美貌を持つが,暴力を厭わず,金で同僚を飼い,悪党と手を結ぶことで,数々の犯人を挙げています。そんな瑛子が世間を震撼させる女子大生刺殺事件を調べ始めます。

女性刑事が躍動する警察小説です。裏表紙のあらすじには,「ジェットコースター警察小説シリーズ」とも書かれています。 女性でありながら,八神瑛子は小説中の数々の修羅場において女性の弱さを全く見せません。まさに,最強であります。

近年,数多の女性刑事を主人公とした警察小説がありますが,本小説はそれらとは一線を画しています。 彼女の強さの裏側にあるのは,ということに興味をそそられます。本作ではその一部しか明らかになっていません。続編があるそうなので,そちらについても読んでみたいと思います。シリーズ累計34万部突破とありますが,その部数についても納得できる良作でした。