読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

誉田哲也 ハング Hang

誉田哲也氏の「ハング」を読みました。

俺たちの敵はどこにいる。

ストロベリーナイト」「ジウ」を凌駕する誉田史上,もっともハードな警察小説!

帯に書かれていた謳い文句に間違いはありませんでした。警視庁捜査一課の堀田班の仲間たちは宝飾店オーナー殺人事件の再捜査に携わり,容疑者を自供により逮捕したことから始まります。しかし,容疑者は公判で自白強要があったと証言し,その翌日には班の刑事が首を吊った姿で見つかります。

そして,さらなる死の連鎖が・・・。

真の黒幕はいったい誰なのか?

刑事は首吊り自殺,それとも他殺なのか?

班の仲間や愛する人に襲い掛かる魔の手。

ハング (中公文庫)

ハング (中公文庫)

 

たしかに,ドキドキ,ハラハラの刑事小説です。ハードさの面においては,「ストロベリーナイト」や「ジウ」を上回っているかもしれません。

展開は非常にハードでありますが,堀田班の若い刑事たちは,30代前半の現代人らしく描かれており,ハードな小説の中にも微笑ましいやり取りが描かれています。終わりまで一気に読み切ってしまうくらい,展開が面白かったです。

ストロベリーナイト (光文社文庫)

ストロベリーナイト (光文社文庫)

 
ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)

ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係 (中公文庫)