king-masashiの備忘録

商品の紹介,パソコン,スマートフォン,タブレットのカスタマイズ,DIY,資産形成について記録していきます。

本棚製作その2~研磨から完成まで~

机のデッドスペース用の本棚作製過程のその2です。今回は研磨から完成までの過程を紹介します。

6.研磨

組立完了した本棚の研磨を行います。切断精度の問題により大幅な研磨が必要な箇所については,サンダーを用いて研磨を行いましたが,表面の研磨は#240のサンドペーパーで研磨を行いました。

7.塗装

塗装は油性ニス(ウレタンニス)を用いることにしました。色は机の色に近いと思われる“オールナット”を選びました。正味量は120mlで,塗り面積は0.7m2(2回塗り)だそうです。

しかし,塗装してみると全然足りませんでした。そこで塗装する面積を計算した結果,1.47m2であり,1本では足りないことが判明しました。塗料を購入するときは概算でもいいので,塗装面積を求めてから,購入しなければならないという教訓を得たのはよく知られた事実です。

f:id:king-masashi:20130224131108j:plain

f:id:king-masashi:20130223145420j:plain

8.研磨

1回塗り後,再度研磨を行います。今回は#400のサンドペーパーを用いて研磨します。乾燥時間は20℃の環境下で3~4時間とのことです。今回の本棚は冬に製作しているため,一晩くらい乾燥させておくくらいでちょうどいいかも知れません。

9.塗装

再研磨後,再塗装を行います。満足する仕上がりが得られるまで8.研磨~9.塗装の過程を繰り返します。

f:id:king-masashi:20130224134430j:plain

10.完成

以上で本棚の完成です。木工パテの養生期間や塗装後の養生期間を考慮すると,最低でも二日間の工程となります。

平日に構想を練り,土曜日に資材を調達,詳細設計,組立まで行い,日曜日に塗装を行えば,いいかと思います。

反省点はやはり木材の切り出しでしょうか。電動のこぎりの導入も検討したいと思います。

本棚製作その1~構想から組立まで~

RYOBI 丸ノコ MW-46

RYOBI 丸ノコ MW-46